横浜駅西口が195メートルの高層ビルに-来年着工、2019年完成

「横浜駅周辺大改造計画」予定地の横浜駅西口ビル

「横浜駅周辺大改造計画」予定地の横浜駅西口ビル

  •  
  •  

 東日本旅客鉄道(JR東日本)と東京急行電鉄は8月26日、横浜駅西口に約195メートルの高層ビルを建設することを発表した。

 高層ビルの建設予定地は「横浜シァル」(現駅ビル)と「横浜エクセルホテル東急」の敷地。同施設はともに来年3月で営業を終了し、解体後、一体のビルに建て替えられる。2011年に着工し、約8年の工期で2019年度に完成する予定。

[広告]

 計画地位置は、横浜市西区南幸1丁目1番1号外。約19,700平方メートルの商業地域に「駅前棟」(延床面積約136,000平方メートル)、「線路上空棟」(同18,000平方メートル)、「鶴屋町地区」(同30,000平方メートル)を建設する。

 「駅前棟」は、地上33階・地下4階、約195メートル。地下2階から地上9階=商業施設、10階=文化交流施設、13~33階=オフィスフロア。「線路上空棟」は、地上8階・約50メートルの建物で、3~8階に商業施設を誘致する。「鶴屋町地区」は、地上9階・地下1階、約40メートルの駐車場ビル。約800台収容の駐車場、約1,000台収容の駐輪場を備え、遊歩道の設置で「駅前棟」にアクセス可能になる。

 横浜市は、横浜駅周辺地区で「国際都市の玄関口としてふさわしいまちづくり」を進めるための指針となる計画「エキサイトよこはま22」(横浜駅周辺大改造計画)を推進している。

 横浜駅周辺は老朽化した建物が多く、都市機能の更新時期を迎えつつあり、地域間競争に勝ち抜いていくために都市の再生が必要として、横浜市は、駅周辺のおおむね20年後のあるべきまちの姿を、学識経験者や地元の協議会・鉄道事業者、関係する行政などで構成される「横浜駅周辺大改造計画づくり委員会」などを開催し、民間と行政が一体となって議論を進めてきた。

 「横浜駅周辺大改造計画」は昨年12月に策定され、現在、リーディングプロジェクトとして(仮称)横浜駅西口駅ビル計画が進行している。今回は同計画について、事業者の東日本旅客鉄道と東京急行電鉄が、「横浜市環境影響評価条例」に基づいた「環境影響評価方法書」を提出した。今後は「エキサイトよこはま22」の趣旨に沿い、関係自治体などと調整を図りながら協議を進めていく。

 環境影響評価方法書の広告縦覧期間は9月3日から10月18日の45日間。

 横浜駅西口では現在、地上27階・地下6階、高さ約115メートルの横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(西区北幸1)が最も高いビル。(仮称)横浜駅西口駅ビルが完成すると、駅前棟ビルが地上70階・地下3階、高さ296メートル(タワー棟)の横浜ランドマークタワー(西区みなとみらい2)に次ぐ県内2番目の高層ビルになる。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?