天気予報

25

14

みん経トピックス

横浜に勝海舟直筆手紙横浜ローカルキッズツアー

赤レンガ倉庫で100人の作家が作る「iPhoneケースギャラリー」

  • 0
赤レンガ倉庫で100人の作家が作る「iPhoneケースギャラリー」

「iPhoneケース展」出品作品

写真を拡大 地図を拡大

 横浜赤レンガ倉庫1号館(横浜市中区新港1)で8月21日より、「iPhoneケース展」が開催されている。主催は「ジョイントワークス」と「フォーカルポイントコンピュータ」。

 同展は、デジタルコンテンツネットワーク「ジョイントワークス」が行っている「さまざまな業界、クリエーターと産業をつなぐ異業種交流的イベント」の一環。会期中は、iPhoneケースをキャンバスに作成した「iPhoneケース」の展示即売をはじめ、ワークショップやトークイベントなどを実施する。

 ワークショップでは、プロのクリエーターやアーティストによるオリジナルケース作りから、絵画のような作風のアート作品を「iPad」を使って制作する「iPadこどもデジタル絵画教室」まで、こどもから大人まで楽しめるプログラムを用意する。

 8月28日と29日は、iPhoneユーザー、クリエーター、タレント、出版関係者、アプリ開発者をゲストに招いたトークショーを実施。テーマは「iPhoneの魅力」「私のiPhone活用法」「お気に入りアプリ」など多岐にわたる。横浜出身の作家のロバート・ハリスさんも登場する。

 土曜・日曜には「関連商品ブース」で、iPhone革ケース、カメラストラップ、インビジブルシールド(保護シート)、カップルダイス、パーソナルダイス、キラキラデコケースなど、iPhoneやiPadの関連商品を販売。

 展示会場の様子はインターネットの動画配信サービス「USTREAM」で中継する。

 同展の総合プロデューサーを務めるタレントでフードアナリストの弓月ひろみさんは「iPhoneケースをキャンパスに、イラストレーター・立体造形作家・パティシエ・漫画家・作家・特殊メーキャップアーティスト・革職人など、幅広い職種の方が世界に1つのiPhoneケースを作り上げています。実用可能なものから、不可能なものまでさまざま。純粋にアート作品としてお楽しみいただき、お気に入りの作品をお買い上げいただくことも可能です。『こんな作品ができるんだ』『こんなケースあっていいの』と、純粋な驚きがあるはず。持っていたら必ず人に自慢したくなる、見せたくなるようなケースがたくさん。ケース作り体験も出来るので、ご家族、カップル、お友達といっしょに是非遊びにいらしてください」と話す。

 会場は横浜赤レンガ倉庫1号館1階。開催時間は11時~19時(最終日は18時まで)。入場無料(ワークショップは有料)。8月29日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ホテルニューグランドが4月23日から「大人のお子様ランチ」を復活販売。開業90周年企画として、昨年夏に期間限定で販売した人気メニューを提供する。同ホテル発祥のシーフードドリアやスパゲッティ ナポリタン、伝統のハンバーグステーキなどの人気メニューを盛り合わせた一皿。シーフードドリアは、初代総料理長のサリー・ワイルがスイス人銀行家の「体調が優れないので、何か喉(のど)の通りの良いものを」というリクエストに応えて考案した即興メニュー。また、ナポリタンは、第二次世界大戦後、2代目総料理長の入江茂忠が連合軍米兵の軍用食からヒントを得てつくり出したメニュー。場所は本館1階コーヒーハウス「ザ・カフェ」(11時~20時30分ラストオーダー)。料金は3,700円(税金/サービス料別途)。提供は5月31日まで。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング