3密を避けて新しい生活様式へ!

臨港パークで「みなとみらい大盆踊り」-横浜打ち水大作戦も

昨年の「 みなとみらい大盆踊り」の様子

昨年の「 みなとみらい大盆踊り」の様子

  • 0

  •  

 みなとみらい21地区の臨港パーク(横浜市西区みなとみらい1)で8月20日と21日、「第3回 みなとみらい大盆踊り」が開催される。

 みなとみらい21地区は高層マンションが集まるエリアで、現在、3,600世帯、7,300人が居住。大盆踊りは、地元住民や地区内在勤者の交流の場として2008年にスタートした地域密着型のイベントで、昨年は約9,000人を動員した。

[広告]

 3回目を迎える今年は、横浜みなとみらい21、パシフィコ横浜、三菱地所、T・R・Y90事業者組合、M.M.TOWERS自治会、みなとみらいミッドスクエア自治会、西区役所で組織された「みなとみらい大盆踊り実行委員会」が主催する。

 臨港パークの南口広場の会場に本格的な「やぐら」を組み、「西区音頭」をはじめ、「横浜市歌」を盆踊りのために「音頭」にアレンジした楽曲「Bon Dance 横浜市歌 よこはまアラメヤ音頭」、和太鼓の演奏などを予定。

 周辺には模擬店や縁日が並び、ヨーヨー釣りや金魚すくいなどのゲームが行われるほか、キリンビールやアサヒビールの提供によるキッチンカーが出店する。

 隣接する3ホテル「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」「パン パシフィック 横浜ベイホテル東急」「横浜ロイヤルパークホテル」も屋台を出店し、オリジナルメニューを縁日価格で提供する。

 8月21日は、ファンケルの協力のもと「YOKOHAMA save the water」プロジェクトの一環として野外に水をまいて気温を下げる「横浜打ち水大作戦」を実施。横浜F・マリノスのマスコットキャラクター「マリノスケ」も登場する予定。

 みなとみらい大盆踊り実行委員会事務局の梅谷奈緒子さん(パシフィコ横浜・事業部事業課)は「今年はさらに多くの住民や企業のご協力をいただき開催します。21日には女性の和太鼓グループ『USAGI』の皆さんによる力強い太鼓パフォーマンスをお楽しみください」と話す。

 開催時間は8月20日=17時30分~20時30分、21日=16時~20時30分。参加無料。各日先着300人に「特製うちわ」と「光る腕輪」をプレゼントする。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?