3密を避けて新しい生活様式へ!

ルミネ地下に「アフタヌーンティー・ベイカリー」-横浜初出店

「アフタヌーンティー・ベイカリー横浜ルミネ」の商品イメージ

「アフタヌーンティー・ベイカリー横浜ルミネ」の商品イメージ

  • 0

  •  

 横浜駅東口のルミネ横浜店地下1階に7月17日、「アフタヌーンティー・ベイカリー横浜ルミネ」(横浜市西区高島2、TEL 045-453-0507)がオープンした。

 アフタヌーンティー・ベイカリーは、素材にこだわり丁寧に焼き上げたパンを提供するベーカリーショップ。横浜ルミネ店は、千駄ヶ谷店、福岡大丸店に続く全国3店舗目で、横浜初出店。店舗面積は約7.9坪。

[広告]

 同店のコンセプトは「目にもおいしく、選ぶのも愉しい、バリエーション豊富な焼きたてパン」。素材と食感にこだわったハード系のパンをはじめ、紅茶との相性がいいスイーツブレッド、しっとりと焼き上げたフルーツやチョコ入りのパウンドケーキなど50種類以上を販売する。

 商品は、天然の酵母を使用して長時間熟成させたフランス、ロデブ地方の田舎パン「パンドロデブ」(210円)、クリームチーズ・粒マスタード・ソーセージを包んだ惣菜パン「クリームチーズ&ソーセージ」(399円)、ヨーグルト種で仕込んだ生地にアールグレイの茶葉を練りこみ、バナナとカスタードクリームを入れた「バナナティーロール」(189円)。

 ラム酒とキルシュで漬け込んだ自家製ミックスフルーツ(クランベリー、レーズン、アプリコット、オレンジピール)をふんだんに入れて焼き上げたパウンドケーキ「ミックスフルーツのパウンドケーキ」(ハーフ525円、カット105円)など。

 同店広報担当の平山麻美さんは「横浜ルミネ店は、朝食にサラダやハムと合わせられる、チーズやお酒とも相性の良い大人の味わいのハード系のパンが充実しています。また、ちょっとした手みやげにもおすすめのパウンドケーキやクグロフなどのケーキもご用意しました。お買い物帰り、通勤の途中などぜひお立ち寄りください」と話す。

 営業時間は10時~21時。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?