横浜の姉妹都市フランス・リヨン生まれの「横浜ワイン」

横浜の姉妹都市フランス・リヨン生まれの「横浜ワイン」

横浜の姉妹都市フランス・リヨン生まれの「横浜ワイン」

  • 0

  •  

 マリン施設を経営する「平野ボート」(横浜市磯子区新杉田町2)は、横浜の姉妹都市フランス・リヨン生まれの「横浜ワイン」の販売を開始した。

 横浜ワインは、姉妹都市リヨン近郊に位置する歴史あるシャトーが、かつて絹貿易でつながっていた横浜とリヨンをイメージして造った横浜限定ワイン。ワインの販売を通して、横浜とリヨンの友好関係を深め、フランスワインの普及を目指す。

[広告]

 産地コート・デュ・ローヌで造られたワインで、品種はシラー50%・グルナッシュ50%、フルボディの赤。絹を思わせるような上質な舌触りの自然派ワインで、立ちこめる黒いベリー系の香りと深い果実味が特徴。容量は750ミリリットル。価格は2,900円(ギフトボックス付)。

 アートラベルの中央には、友好をイメージするハトときずなを意味するつながりあう手が施され、配色はフランス国旗をイメージさせるトリコロールカラーを導入。ラベル下部のドレープは、かつて両都市間で行われていた絹貿易の絹を表す。

 同ワインは、フランスで制定されたAOC法(原産地呼称統制)の中で最高ランクのAOCワイン、また、有機栽培のABマークワインに格付けされている。

 2008年ヴィンテージは4,000本の限定販売。2011年1月より2009年ヴィンテージの発売を開始する。売り上げの1%は、横浜観光コンベンション・ビューローに寄付される。

 販売はヨコハママリーナ内、横浜ワイン販売コーナー(磯子区新杉田町2)、「横浜ワイン」のホームページ、パンパシフィック横浜ベイホテル東急内、フレンチレストラン「クイーンアリス」(西区みなとみらい2)より。

 現在、同ホテル内、オールデイダイニング「カフェトスカ」で開催中のフェア「ナイトキッチンスタジアム~こだわり食材 横浜・神奈川~」でも提供している。フェアは6月30日まで。

 横浜ワインの有本恵理さんは「300年続くフランスの歴史ある家族経営のシャトーがビオロジック栽培にこだわり、無農薬手摘みぶどうを使用して造ったワインです。大切な方とのきずなを築くシーンでお召し上がり下さい」と話している。問い合わせは横浜ワイン(TEL 045-778-1007)まで。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?