3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

横浜そごうで植樹に貢献できる「グリーンラッピング」-50円を寄付

100円で植樹に貢献できるグリーンラッピング(イメージ画像)

100円で植樹に貢献できるグリーンラッピング(イメージ画像)

  • 0

  •  

 そごう横浜店(横浜市西区高島2、TEL 045-465-2111)は6月1日から、ギフトラッピングで植樹・育樹への寄付に貢献できる「グリーンラッピング」のサービスを開始した。

 この取り組みは、ギフトをきれいなラッピングで贈りたいが、余分な包装紙を使うのは環境面で気が引けるという利用者の声を考慮し、そごうと西武が全店で初めて実施するもの。ラッピングに使用するリーフマスコット付きリボンを100円で購入してもらい、1件につき50円が認定NPO法人環境リレーションズ研究所の推進する植樹・育樹活動「プレゼントツリー」へ寄付される。

[広告]

 プレゼントツリーは2005年から始まった市民参加型の植林プロジェクトで、これまでの参加人数は約7万人。国内外9カ所への植樹本数は3万3千本以上。

 植樹は山梨県笛吹市で行われる予定で、80件の寄付が1本の植樹につながる。ラッピングには「この包装代金の半分が植樹活動に贈られています」というメッセージシールが貼り付けされ、受け取った人にも環境への配慮を伝えることができる。

 そごう横浜店販売促進部の花岡陽子さんは「そごう・西武では『盲導犬育成支援』『植樹・育樹活動』『開発途上国物資支援』の3つの社会貢献活動に取り組んでいます。グリーンラッピングはそのうちのひとつ『植樹・育樹活動』に関する取り組みです。お客様の優しさを『地球』へ『ひと』へ、そしてその喜びの笑顔を、やさしさという絆でつなぎたいという願いを込めて、そごう・西武はお客様と一緒に考えていきます」と話す。

 グリーンラッピングは、そごう横浜店6階のギフトサロンで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?