横浜中華街で、トルコの民族舞踊で春を祝う「姫りんご記念祭」

「チャイハネ創業 南門シルクロード 姫リンゴ記念祭」の様子

「チャイハネ創業 南門シルクロード 姫リンゴ記念祭」の様子

  • 0

  •  

 横浜中華街の南門シルクロード通り周辺で4月11日まで、トルコの民族舞踊で春の到来を祝う姫りんご記念祭「トルコ春招び隊」が開催されている。

 同イベントは2003年、中華街の南門シルクロード通りに植えられた姫リンゴの木が花咲く4月初旬に、春の到来を祝う「花鳥節 姫リンゴ祭」に合わせた行事としてスタート。シルクロードの中継点・中央アジアが姫リンゴの原産地で、トルコがシルクロードの西端に位置することから「トルコの民俗芸能」を行うようになった。

[広告]

 7回目を迎える今年は、「チャイハネ創業 南門シルクロード 姫リンゴ記念祭」と名付けて、「トルコ春招び隊」の楽士にダンサーが加わり、トルコの民俗芸能を代表する演目を街頭で公演する。楽士はトルコのフォルクロ―ルチームより招いたプロの演奏家「カラ兄弟」、踊り手は女性ダンサーのレイラさんとアイシェさん。

 会期中は「トルコ春招び隊」が南門シルクロード通りを巡回。ストリートに面した「招福門」やパンダ雑貨専門店「ぱんだ屋」などの前で、春の到来を告げ、愛する女性へ呼びかける4行詩の伝統歌「マーニ」やトルコの楽曲、民俗舞踊を披露する。

 曲目はトルコ民謡を中心に「アルトビン」「ビトリス」「ヴァン」「チフトエトエッリ」「シリフケのヨーグルト」をはじめ、流行歌の「ウシュクダラ」「ムスタファ」、 古典の「トルコ行進曲」など。

 また、4月10日と11日は、諸国漫遊食堂「チャイハネ ネネ」の店頭、エスニック店「チャイハネPart1」と「チャイハネ アナ」のベランダで特別公演を実施。開催時間は14時30分~15時30分。

 アミナコレクションの竹迫順平さんは「チャイハネ発信で南門シルクロード通りから中華街を元気に盛り上げようという願いを込めて行っております。ズルナ(笛)とダウル(太鼓)の音がにぎやかに響き、民族衣装に身を包んだダンサーの笑顔に思わず顔がほころびます。本場トルコの民俗舞踊を国内外の観光客や中華街の皆さまに楽しんでいただきたい。いっしょに踊り中華街の春をお祝いしましょう」と話している。

 会場は横浜中華街の南門シルクロード通り「チャイハネ」周辺。開催時間は12時~、14時30分~、17時~の毎日3回。雨天中止。

 「チャイハネ」は1978年5月、横濱中華街と元町商店街を結ぶ南門シルクロードに誕生。現在南門シルクロードには異国情緒漂うチャイハネ店舗が並び、中国と西欧を結ぶシルクロードのような雰囲気で親しまれている。チャイハネとはトルコ語で「寄合茶屋」という「チャイ」を楽しみながら人々が集まる村のサロンのような場所という意味。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?