横浜初のオタク系マップ「ヨコハマヲタクガイド」が創刊

表紙を飾るメードカフェ「HoneyHoney」の楓さん

表紙を飾るメードカフェ「HoneyHoney」の楓さん

  • 0

  •  

 横浜でメードカフェ「Honey Honey」を運営するボノボ(横浜市西区西平沼町1、TEL 045-323-0123)は2月上旬、フリーペーパー「ヨコハマヲタクガイド・冬の創刊号」を発刊する。

 「ヨコハマヲタクガイド」は、横浜市内のアニメ関連ショップや模型店情報を中心にオタク系、サブカルチャー系情報を発信するフリーペーパー。創刊号には、横浜市内のメードカフェやネコカフェなどの飲食店情報、横浜のコスプレイベント情報に加え、横浜駅周辺のアニメ・同人関連ショップや鉄道模型店、トレカ店、ゲームセンターなどのアミューズメント施設など36店舗のマップ情報が掲載されている。

[広告]

 ボノボ代表取締役の平沢雄介さんは「東京・秋葉原、大阪・日本橋などでは、オタク系、サブカルチャー系の店舗を扱ったフリーペーパーが多く出ていますが、横浜にはそれがありませんでした。横浜には数多くそういった店舗があるのに、なかなか認知される機会がないため、お客さんは東京の方へ流れていってしまいます。このフリーペーパーをきっかけとして、横浜のオタク系、サブカルチャー系文化を横浜全体で盛り上げていけたらと思っています」と話している。

 発行部数は20,000部で配布場所は各広告掲載店舗。今後は年4回、季節ごとの発行をしていくという。

 ボノボが運営する横浜・岡野の「メイドカフェ&ダイニング Honey Honey」は2006年にオープンした横浜駅周辺では初のメード喫茶。以来月に1~2回のイベント開催に加え、他のイベント会場に限定出店するなど人気を博している。2008年にはスタッフ6人が参加したDVD写真集の発売も行ってきた。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?