ファンケルとバンダイが携帯型美容ツール「美肌鑑定」を開発

©BANDAI・FANCL 2009

©BANDAI・FANCL 2009

  •  
  •  

 ファンケル(横浜市中区山下町89)とバンダイ(東京都台東区)は11月30日、女性が楽しみながら素肌美を目指す携帯型美容ツール「美肌鑑定」の発売を開始した。

 「美肌鑑定」は、スキンケアを中心とした無添加化粧品を販売するファンケルと玩具を提供するバンダイが初めて共同企画・開発した美容商品で、ターゲットはこれからスキンケアに本格的に取り組む20代の若い女性。

[広告]

 商品は、「今、メークをしていますか?」などの美容肌状態・日常生活・心理状態に関する10個の質問に回答後、本体先端の「美肌センサー」を頬に押し当て「肌の水分量」を測定することにより、ユーザーの肌状態「肌値(はだね)」が算出され、その結果に応じた美肌に導くアドバイスが液晶画面に表示される。

 商品デザインやパッケージの開発には、フェリス女学院大学の女子大生が参加し、自分たちが毎日持ち歩きたいデザイン、パッケージを約半年間かけて制作。本体カラーは上品なピンク色で、化粧ポーチに入る幅約90ミリのコンパクトサイズ(重さ40グラム)。

 「美肌鑑定」公式サイトの「美肌鑑定」トライアルが好評で、バンダイの通販サイト「プレミアムバンダイ」での事前の予約販売分は全て完売したという。販売は、全国の雑貨店・百貨店・量販店やバンダイ通販サイト「プレミアムバンダイ」、ファンケルのウェブサイト、ファンケルの直営店舗(首都圏約70店舗)。価格は3,570円。

 ファンケル広報グループの油井紀理子さんは「店頭の美容カウンセリング未経験の方にも『美肌鑑定』を愛用いただき、素肌美を実現してもらえれば嬉しい。ウェブサイトには美肌鑑定お試し版もございますのでぜひご利用ください」と話す。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?