中華街の横浜大世界で「一品香」-全国選抜ラーメン駅伝 番外編

全国選抜ラーメン駅伝に出店中の「一品香」

全国選抜ラーメン駅伝に出店中の「一品香」

  • 0

  •  

 横浜初のカウンター中華麺店「一品香」(横浜市中区長者町9、田代信太郎代表)が、横浜中華街のチャイナテーマパーク「横浜大世界」(中区山下町97)で開催中の「全国選抜ラーメン駅伝 番外編」に期間限定で出店している。

 「一品香」は1955年に1号店を野毛で開業し、現在は市内7店舗、市外3店舗の直営店とフランチャイズ5店舗を展開。1989年の横浜開港130周年記念で始まった横浜ブランドの認定事業「ヨコハマ・グッズ横濱001」では、生麺「横濱ラーメン」が地域ブランド商品として認定されている。

[広告]

 今回の出品メニューは「絶品たんめん」(730円)、「味噌たんめん」(750円)、「名物サンマ―めん」(770円)、「激辛ねぎラーメン」(770円)、「四川牛スジ煮込み麺」(880円)、「横濱らーめん」(680円)、「甘辛牛スジ煮込み」(450円)、「叉焼&メンマ」(480円)、「豚肉焼売」(350円)の9種類。

 「絶品たんめん」は同店の看板メニューで、スープは豚・鶏ベースの塩味に、白菜を多量に用いてコクを出しているのが特徴。麺は自社工場で製造している熟成多加水麺で伸びにくくコシがあり、コショウは香辛料メーカーに独自ブレンドで発注している香りのよいオリジナルのものを使用している。

 横浜大世界館長の岩田宣明さんは「横浜といえば『たんめん』か『サンマ―めん』。一品香さんは50年以上『原点』を貫き通し、安定した味で長く地元の人たちに愛されています。横浜在住の方にはもちろんのこと、観光でおみえになる方々にも本当の『横浜の味』をお伝えしたいと思い、全国選抜ラーメン駅伝のバトンを一品香さんにつなぎました。野菜がたっぷり入っていて栄養バランスのよい『絶品たんめん』はじめ、季節限定の『四川牛スジ煮込み麺』などもおすすめです」と話している。

 出店場所は、「横浜大世界」3階フードコート「中華食祭広場」。開催時間は10時~21時(土・祝日前は22時)。期間は10月15日まで。入館無料。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?