横浜の街並みをデザインする「横浜・人・まちデザイン賞」

公園のせせらぎづくり

公園のせせらぎづくり

  • 0

  •  

 横浜市は7月16日、地域のまちづくり活動と景観について優れた事例に対し表彰する「第4回 横浜・人・まち・デザイン賞」の表彰式を行う。

 同賞は、横浜での地域まちづくりに関して功績のあった活動や、 都市景観の創造や保全に寄与したまちなみを構成する建築物等を顕彰し、魅力あるまちづくりを広く進めていくことを目的としている。地域まちづくりを推進している活動とその支援団体、個人を表彰する「地域まちづくり部門」と、優れた景観を形作る「まちなみ」や「建築物等」を表彰する「まちなみ景観部門」の2部門に分かれる。2000年から始まり、今年が4回目。

[広告]

 地域まちづくり部門には36件、まちなみ景観部門にあった55件の応募のうち、地域まちづくり部門とまちなみ景観部門、各6件にむけて表彰式が行われる。

 対象となったのは、まちなみ景観部門に「旧バーナード邸」 (中区)、「2代目横浜駅遺構」(ロワール横濱レムナンツ)(西区)、ZAIM(中区)、 横濱媽祖廟(中区)、 荒井沢市民の森(栄区)、日本大通りとオープンカフェ(中区)。

 地域まちづくり部門に、大口通地区まちづくり委員会のマンション建設に対して商店街が協定を作成した「まちづくりのルールを作成」活動 、西戸部2丁目第1自治会わくわく倶楽部らが行う雨水タンク設置活動等の「災害に強いまちづくり 」(西区)、横濱ジェントルタウン倶楽部の障害者が気軽に出かけられる「触る地図」づくりなどの「障害者が生活しやすい環境づくり」(中区)、日本大通り活性化委員会の「みんなに愛されるストリート 」(中区)、まちづくりフォーラム港南らが行う「港南台タウンカフェ」などの「まちづくりの交流・情報発信拠点」(港南区)、関東学院大学環境サークルHEPのゴミ拾い活動「いきいき、楽しく環境活動」(金沢区) の6つ。

 都市整備局の堀内宏幸さんは「魅力あるまちづくりを目指し、活動を続けていらっしゃる方々を支援しています、今後も継続して表彰を行って行く予定です」と話す。

 開催は15時30分~17時。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?