ビブレ前で「横浜美少女図鑑」を先行配布-Fヨコで番組も開始

「横浜美少女図鑑」の撮影風景

「横浜美少女図鑑」の撮影風景

  •  
  •  

 発行地域に住む女性をモデルとして掲載する写真集型フリーペーパー「美少女図鑑」の横浜版「横浜美少女図鑑」の創刊日が、6月30日に決定した。ヴィレッジヴァンガードやTSUTAYAなど、市街中心部の約30カ所に専用ラックを置いて配布する。

 6月22日からは、FM横浜の毎週月曜の番組「Animo!」内で同誌連動のコーナー「横浜美少女図鑑R(アール)」も設けられ、ゲストに誌面に登場するモデルやクリエイターを招いてトークを行う。放送時間は23時5分~23時10分。

[広告]

 同番組のエンディングテーマには、地元で活動中の女性2人組ユニット「MiyuMiyu」が歌う横浜美少女図鑑オリジナルテーマソングの「マイページ」を採用。30日の創刊と同時に、同曲が収録された4曲入りCD(980円)が、神奈川県内のヴィレッジヴァンガード一部店舗で先行発売される。

 また、30日に先立って、6月27日と28日の14時から、横浜ビブレ前広場で横浜美少女図鑑の限定先行配布とモデル登録会も実施予定。

 横浜美少女図鑑編集長の武田芳和さんは「横浜で頑張っているクリエイターさんや、オンナノコ、街にスポットを当てていきます。美少女図鑑としては初のラジオ番組を先駆けとして、新たなトレンドを東京ではなく、この横浜から発信させ盛り上げていきたいと思っています」と話す。 

「美少女図鑑」は、「美少女を増やそう」というコンセプトのもと2002年に新潟で発刊されたのが始まりで、その後沖縄・大阪・宮崎と発行地域を拡大していき、横浜版発行は全国で12番目。高いクオリティで無料で配布されるリアルなファッション誌ということで、先行地域では発行日から約1週間で限定発行数が品切れになるほど人気が高く「幻のフリーペーパー」として話題になっている。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?