3密を避けて新しい生活様式へ!

海洋堂のY150「たねまる」フィギュアが人気―既に2万個を販売

「横浜開港150周年記念公式カプセルフィギュア『たねまる』の横浜歴史紀行」の「黒船来航」

「横浜開港150周年記念公式カプセルフィギュア『たねまる』の横浜歴史紀行」の「黒船来航」

  •  
  •  

 「開国博Y150」の公式記念商品として横浜開港150周年協会が販売している、模型メーカー「海洋堂」が制作した「たねまる」のカプセルフィギュアが人気を集めている。

 商品は「横浜開港150周年記念公式カプセルフィギュア『たねまる』の横浜歴史紀行」として、横浜開港150周年記念事業のマスコットキャラクター「たねまる」が、横浜開港150年と未来へと続く歴史と風俗を目撃し、紹介するというイメージで作られたフィギア全7種類。

[広告]

 「黒船来航」「ペリー胸像」「ハリス登城」「一号機関車」「馬車道のガス灯」「崎陽軒のシュウマイ」「みなとみらい」と、横浜を象徴するものや出来事をテーマとしている。商品は、青いカプセル入りブラインド方式で、開封するまで中身が分からない。解説書入りで、価格は各400円。

 販売場所は、開国博Y150公式記念品ショップ「赤レンガ広場店」、「Y150はじまりの森店」。

 造形企画制作を担当した海洋堂(大阪府門真市)は、質の高いガレージキット、フィギュア、食玩などの模型づくりで、高く評価されている会社。イギリス大英博物館やニューヨーク自然史博物館にも作品を納めているほか、2005年の「愛・地球博」や、2009年の東京国立博物館での「阿修羅展」でも手がけたフィギュア作品が話題となった。

 横浜開港150周年協会の広報担当者は「4月28日の販売開始から6日までの累計で、既に2万個以上を販売した。人気のため一時、品薄状態になったこともあったが、現在は大丈夫。客層は老若男女幅広い。種類が多いためか一人で複数購入するお客様もいる」と話している。

 同協会によると、横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」ベイサイドエリア6会場には、開幕した4月28日から5月6日の9日間で、491,000人が来場したとのこと。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今日のランチは?