中華街にバリ風リゾートネイルサロン-美と癒しがコンセプト

  •  

 バリ風リゾートネイルサロン「kuku Nails(ククネイルズ)」(横浜市中区山下町)が2月17日、横浜元町・中華街にオープンした。

 同店は、爪の健康を考えたソフトジェル専門店として、爪を健やかに保ちながらネイルのおしゃれを楽しむことができるネイルサロンで、自爪のような付け心地、自然な仕上がりと持ちの良さが特徴。

[広告]

 ソフトジェルは、専用溶剤で落とすことができるジェルを爪の上にのせ、紫外線に当てて固めるタイプ。ハードジェルよりも自爪にダメージを与えにくい施術方法で、柔軟性があり自爪への定着性が高く、弱い爪や二枚爪の補強にも適するとのこと。

 内装は、バリのリゾートヴィラのイメージが基調で、南国のアロマの香りが広がる店内のソファで、癒しの音楽を聞きながらくつろぐことができる。施術後には、スイーツ付ドリンクサービスも用意されている。

 オープンを記念して、3月末まで「バイオジェル オープンキャンペーン」を実施。バイオジェルの「カラー1色塗り」「カラーグラデーション」「ラメグラデーション」「デザインマーブル」から1つ選択し、ストーンアート10本付で価格=6,300円など。

 「kuku Nails」オーナーの高野百代さんは「横浜元町は場所柄、横浜のなかでも特におしゃれなカフェや美容院、ネイルサロンなどが多くあります。その中で、お客様が本当に寛げる空間を提供しようと、バリリゾートにこだわり今までのネイルサロンの枠を超えた新感覚のネイルサロンをオープンしました。お財布に優しい料金設定をご用意しておりますので、ぜひお気軽にリフレッシュの場として足を運んでいただければ幸いです」と話す。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?