パシフィコで「神奈川スポーツサミット」-スポーツ関係者が一堂に

  •  
  •  

 スポーツの未来を探る「神奈川スポーツサミット2009」が3月7日、パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1)の会議センターで開催される。

 同イベントは、「スポーツが神奈川を元気にする」というスローガンのもと、行政、教育、指導、研究、経済界や地域スポーツ従事者などに、スポーツ振興の現状と課題を語ってもらい、参加者とともにプロ、行政、産業、地域、大学の連携で神奈川のスポーツが変わる未来を考えるもの。主催は神奈川大学。

[広告]

 プログラムは午前の部は「神奈川の実践を語る~スポーツによる地域戦略~」をテーマに、パネリスト4人が各地での活動実績をもとに、企業とスポーツの連携による神奈川を元気にする「戦略」について語る。コーディネーターは、NPO法人かながわクラブの茅野英一さん。

 午後の部・シンポジウムは「神奈川の未来を語る~スポーツが担う地域形成。神奈川モデル構築へ~」をテーマに、スポーツを中心とした新しい連携関係と神奈川モデルの構築について、パネリスト5人により「神奈川の未来」についての意見交換が行われる。コーディネーターは神奈川大学人間科学部教授の大後栄治さん。また、13時から神奈川県知事松沢成文さんが「神奈川力とは~本県におけるスポーツ振興施策を通して~」をテーマに基調講演をおこなう予定。

 神奈川大学の担当者は「本学は神奈川で、産官学ネットワークの基盤となる『連携・交流』を目指しています。『神奈川スポーツサミット2009』は、スポーツをキーワードに開催されるシンポジウムとしては最大規模のサミットで、各界の代表の方が集まられます。会場からも意見を取り入れて、スポーツというツールを使い、『神奈川を元気に』、そして『神奈川モデル』という新たなビジネスモデルをつくれたら良いと思います。この神奈川の地から新しいスポーツの躍動を日本中に発信できることを確信しています」と話している。

 開催時間は10時~16時。参加費無料(要申込)。申込締切は3月3日、定員1,000人。問い合わせは、神奈川大学健康科学スポーツセンター(TEL 045-481-5661)まで。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?