山手西洋館エリスマン邸で横浜発の「和モダン家具」の展示会

  • 0

  •  

 デザイン家具の製作・販売を手掛ける「orihinuk(オリヒナック)」(横浜市中区海岸通3、太田邦宏代表)は、山手西洋館「エリスマン邸」地下ホールで、展示会「和モダン家具」を開催している。

 展示では、生活に身近な家具を通じ、日本の住文化・伝統を現代のライフスタイルと調和させる試みを「和モダン」ととらえ、オリジナル家具を提案している。

[広告]

 展示作品は、ナラ材を使ったラウンジソファや、皮革とステンレスを組み合わせたカウンターチェアー、ステンレスのヘアライン仕上げの傘立てなど6作品。最新作の小田原漆器伝統工芸士による漆塗りを取り入れたオリジナルの椅子は、市内の企業やデザイナーらが横浜市経済観光局と連携し、デザインと技術の融合で新しい商品作りを目指す「デザインプロダクトグループ」の定例ミーティングで出されたアイディアを元に製作された作品。

 太田邦宏さんは、武蔵野美術大学で工芸工業デザインを学んだ後、家具メーカーや高級インテリア家具の輸入・販売会社などを経て今年1月、中区の海岸通り沿いにある横浜郵船ビル2階に、デザイン設計から製作まで行う家具メーカー「オリヒナック」を設立した。

 展示会について太田さんは「文化・伝統・現代のライフスタイルを融合させた独自のコンセプトを持ち、大量生産品では味わう事が難しい機能性・デザイン性を共存させた高品質なデザイン家具づくりに取り組んでいます。クリエーターが集う横浜で始めて開催するこの展示会が、新しいライフスタイルを考える機会になれば」と話している。

 展示時間は9時30分~16時30分(最終日15時まで)。入場無料。開催は12月17日まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?