新型コロナ関連速報7日:市内5736人/県内1…

中央卸売市場で「横浜市場まつり」-炭火焼さんま販売も

昨年行われた「市場まつり」での炭火焼さんま販売の様子。

昨年行われた「市場まつり」での炭火焼さんま販売の様子。

  • 0

  •  

 横浜市中央卸売市場(神奈川区山内町)で10月19日、施設を一般開放し、炭火焼さんまなどを提供する「横浜市場まつり2008」が開催される。

[広告]

 同イベントは「食品の安全・安心は横浜市場から」をテーマに、卸業者らで構成する同実行委員会が「市民への感謝」と市場の迫力をアピールする目的で開催するもの。昨年は3万人以上が来場した。

 会場では、炭火焼さんまをはじめ、鉄火丼、魚河岸にぎり寿司、松茸ごはんなどを販売するほか、青果の模擬せりやチャリティーバザー、横浜牛や豚肉の試食販売などを行う。そのほか、子ども向けイベントや幸ケ谷小学校鼓笛隊によるパレードも開催される。

 開催時間は9時~14時。入場無料。

 横浜市中央卸売市場は1931年に東日本で最初の中央卸売市場として開設し、生鮮食料品などの流通拠点となっている。今年9月からは地元住人を対象に水産物棟の一部を毎月第1・第3土曜に一般開放する試みも実施している。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース