新型コロナ関連速報5日:市内3人を確認

パシフィコ横浜で小中高生によるロボットコンテスト

昨年行われた「WRO2007台湾大会」の様子

昨年行われた「WRO2007台湾大会」の様子

  • 0

  •  

 パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)で8月31日、小中高生によるロボットコンテスト「ワールド・ロボット・オリンピアード ジャパン2008」決勝大会が開催される。今年11月に同会場で日本初開催となる国際大会も行われる予定で、日本代表を目指して各地区予選大会を勝ち上がった約80チームが競う。

[広告]

 同大会は、国立シンガポールサイエンスセンターの発案により2004年からスタートしたロボット競技大会。子どもたち自身が制御プログラムを開発し、その性能やデザインを競うもので、ロボットを活用した創造性の育成や国際交流を目的としている。国際大会には世界約20カ国が参加、2009年の横浜開港150周年事業のプレイベントとしても位置づけられている。

 対象は、小学生から高校生で、子ども2~3人に大人のコーチ1人からなるチーム。共通のロボットキット、ソフトウェアを利用し、ロボットのスピード、正確さを競うほか、デザインを審査する部門が設けられている。

 同横浜大会組織委員会の担当者は「年々参加チーム数が増えており、今年は昨年の約1.5倍。特に神奈川、横浜はロボットを活用した教育に力をいれているので参加チームも多く、国際大会も盛り上がると思う」と話す。

 開催時間は9時30分(開会式)~16時。観覧無料。

WRO2008山口博物館で「ロボット展」-「セグウェイ」乗車会も(山口経済新聞)ロボット力士が対戦-富士ソフト、「全日本ロボット相撲大会」開催へ(アキバ経済新聞)高橋智隆さんの新作ロボ「MURASAKI」-石山寺・未来千年館で発表(びわ湖大津経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース