恒例「国際花火大会」で6,000発打上-鉄道5社直通の臨時列車も

  •  
  •  

 海の日前日の恒例行事「横浜開港記念みなと祭 第53回国際花火大会」が横浜ベイエリアで7月20日に行われる。約50万人の来場者数を見込んでおり、横浜高速鉄道など首都圏の私鉄・地下鉄5社では東京都内や埼玉県とみなとみらい線「元町・中華街駅」を結ぶ臨時直通列車「みなとみらい号」を運行する。

 同花火大会は5月の国際仮装行列を皮切りに、6月の開港記念バザーや横浜開港祭などさまざまなイベントが実施された「みなと祭」のフィナーレを飾るもので、特大ワイドスターマインや吊物花火、キャラクターなどの図形花火など約6,000発が打ち上げられる予定。観覧場所となる赤レンガパークや、山下公園、臨港パークなどは毎年多くの観覧客でにぎわう。

[広告]

 「みなとみらい号」は東京・埼玉方面から横浜への往路のみで、東京メトロ日比谷線「北千住駅」、都営三田線「高島平駅」、埼玉高速鉄道線「浦和美園駅」を9時30分ごろから10時ごろの間に出発して、11時ごろから12時ごろの間に到着予定。運賃は、高島平-元町・中華街=820円、北千住-元町・中華街=690円、浦和美園-元町・中華街=1,190円(いずれも片道)。

 開催時間は19時30分~20時40分。荒天時は7月21日に順延。

第53回国際花火大会みなとみらい線みなとみらい海上で曲芸飛行パフォーマンス-花火大会前に披露(ヨコハマ経済新聞)国際花火大会でヘリクルージング宿泊プラン-近ツリ(ヨコハマ経済新聞)立川まつり国営昭和記念公園花火大会、14日からチケット発売(立川経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?