新型コロナ関連速報5日:市1202人/県397…

みなとみらい21地区の来街者が年間5,000万人に-200万人増加

  • 0

  •  

 横浜市都市整備局は4月17日、2007年のみなとみらい21地区来街者数が約5,000万人にのぼったことを発表した。

[広告]

 みなとみらい21地区には昨年、「マリノスタウン」や今月来館者数100万人を突破した「横浜アンパンマンこどもミュージアム」などの観光名所が新設され、来街者数は前年に比べて約200万人の増加となった。調査結果は企業の誘致活動などに役立てる。

 交通手段別の人数は、みなとみらい線が90万人、自家用車が22万人、船利用が3万人それぞれ増加した。一方、バス利用25万人、自転車利用5万人がそれぞれ減少する結果となった。そのほか、新規施設や事業所数増加に伴い、就業者数も前年に比べ1,000人増加の59,000人となった。

 同局担当者は「2004年に開通したみなとみらい線が広く定着したことにより、バス・自転車の利用が減った。今後は観光船・遊覧船などによる来街者の増加にも期待したい」と話している。 

横浜市都市整備局みなとみらい21推進課アンパンマンミュージアムで手芸教室-新米ママに人気(ヨコハマ経済新聞)都市型サッカータウンになるか?「マリノスタウン」で変わる横浜
(ヨコハマ経済新聞)
ハマ経2007年のPV1位は「横浜アンパンマンこどもミュージアム」
(ヨコハマ経済新聞)
ハマの交通機関がますます便利に?「顧客満足度」向上競争の舞台裏
(ヨコハマ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース