天気予報

26

19

みん経トピックス

ハマ経、1位はアンパンマン横浜でプリンターズ作品展

歴史博物館で「蓄音機」コレクション展-発明130年記念で

  • 0
歴史博物館で「蓄音機」コレクション展-発明130年記念で

円筒型の「蝋管レコード」を使用して音を再生する「エジソン・トライアンフ」

地図を拡大

 神奈川県立歴史博物館(横浜市中区南仲通、TEL 045-201-0926)で12月15日より、トーマス・エジソンが蓄音機を発明してから130年目を記念して蓄音機のコレクション展「魅惑の音色 蓄音機の楽しみ」が開催されている。

 1877年にトーマス・エジソンによって発明された蓄音機は、銅製の円筒に錫箔(すずはく)や蝋をかぶせたものに、溝で音を記録・再生するものだった。その後、円筒型の「蝋管レコード」から円盤型「ダイアモンドディスク」に変換。現在のレコードは、エジソンの発明後エミール・ベルリナーが考案した円盤型蓄音機が原型になっている。

 展示は「エジソン社トライアンフ」(1896年製)をはじめとするクラシック蓄音機11点と、関連する資料や、付属部品、円筒型の蝋管レコードなど約150点を展示する。そのほか、蝋管レコードの再生音を体験できるコーナーも。

 開催時間は9時30分~17時。観覧無料。12月27日~1月4日は休館。展示は1月14日まで。

神奈川県立歴史博物館(展示詳細)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

VOTE

「山田ホームレストラン」で好きだったメニューは?

アクセスランキング