3密を避けて新しい生活様式へ!

関内「トラベルカフェ」がリニューアル-石橋氏オリジナル料理も

リニューアルした「トラベルカフェ」

リニューアルした「トラベルカフェ」

  • 0

  •  

 トラベルカフェ横浜セルテ店(横浜市中区真砂町3)は5月24日、これまでのコンセプト「クルーズ」を発展させリニューアルオープンした。

 同店は、食事をしながら船に乗っている気分を味わってもらう趣旨で2004年7月にオープンした。今回は、コンセプトはそのままに、これまでより気楽な形でカジュアル「クルーズ」を楽しんでもらおうとメニューも新たに改装オープンしたもの。

[広告]

 4台のプラズマディスプレーにクルーズ・リゾート映像が流れる店内では、クルーズ情報誌やパンフレットなどを自由に読むことができるほか、船をイメージしたウッドデッキとパラソルで「クルーズ」の雰囲気を演出した。席数は店内=60席、テラス席=40席。

 メニューは、フライオニオンのピッツア(1,080円)、渡り蟹のスパゲティ(1,280円)、骨付き仔羊肉のオーブン焼き粒マスタードのソース(1,800)、イベリコ豚の自家製スモーク(1,180円)などを提供。

 料理は、スイスやイタリアの日本大使館総料理長を務め、最近では「恵比寿ダイニング・ア」(東京都渋谷区)や、「洋魂和菜MISHIKI」(愛知県中村区)を企画・プロデュースする石橋尚幸総料理長が手がける。「関内というビジネス街に位置するため、夜は閑散としており、楽しんでもらえる料理を作らなくてはいけないと思いメニューもリニューアルした。」(石橋総料理長)と話している。

 営業時間は、平日7時30分~23時、土曜=9時~23時、日曜・祝日=9時~22時。

トラベルカフェ関連記事[「トラベルカフェ・クルーズ」関内駅前に1号店]

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

定額給付金10万円どう使う?