新型コロナ関連速報7日:市629人/県2050…

横浜市営地下鉄が全32駅に「AED」を設置

  • 0

  •  

 横浜市交通局(中区港町1、TEL 045-664-2525)は9月28日までに、横浜市営地下鉄の全32駅に自動体外式除細動器「AED(Automated External Defibrillator)」を設置する。

[広告]

 設置は利用者の安全・安心を目的としたもので、今回の設置対象駅は、今年3月に設置済の横浜駅を除く31駅。各駅に1台設置する。

 「AED」は自動体外式除細動器のことで、心臓の突然停止(心室細動)の際に電気ショックを与え、心臓の働きを戻すことを試みる医療機器。

 突然の心停止状態になったとき同器を使って緊急に処置をすれば、救命率が増加すると言われている。特に医学的知識がなくても一般人が使用できる医療機器で、少しでも早い処置による救命が期待できる。

横浜市交通局

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース