新型コロナ関連速報7日:市内2人/県内9人

岡野に“メイドの部屋を模した”メイドカフェ「Dear Cafe」

  • 0

  •  

横浜駅西口・岡野にメイドカフェ「Dear Cafe」(西区岡野町1、TEL 045-312-0038)が3月27日にオープンする。場所は岡野町の交差点付近にある「高橋ビル」2階で、運営するのはエステティックサロンを手がける横浜の企業。同店は、来店客を「ご主人様」として応対するメイド喫茶で、メイドの礼儀作法に重点を置き、メイドとのコミュニケーションを促進するゲームを取り入れることが特徴。内装コンセプトは“メイドの部屋”で、店内にはメイド服が架けられたクローゼットや三面鏡、シャンデリアなどの家具を設置する。メイド服はピンク・黒・黒のロングの3種類。メニューの大半が手作りで、「お絵かきオムライス」(900円)、「手作りハンバーグ」(800円)、「海老チリ丼」(800円)など、ドリンクメニューは、お湯の中で桃の花が開くジャスミンティー「桃花ジャスミン」や、牡丹の花のように茶葉が開く「緑牡丹」などを提供する。座席は24席(座席20席、カウンター4席)、想定客単価は1,200円。営業時間は11時~22時(ラストオーダー食事21時、ドリンク・デザート21時30分)。店長の荒田さんは、「癒される空間と接客、手の込んだメニューで最善のおもてなしをしたい。女性も含め、一般のお客さんも気軽に入れるお店を目指します」と話す。岡野には3月1日にメイド喫茶「ホームメイドカフェ&ダイニング HoneyHoney」がオープンしており、横浜駅西口のメイド喫茶は同店で2店目。
Dear Cafe関連記事(ヨコハマ経済新聞)

[広告]
  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース