集客サービスのモックが「ロイヤルウイング」を子会社化

  •  
  •  

飲食店の集客サービスのモック(東京都中央区、山田納生房社長)は1月17日、吉本興業の子会社のロイヤルウイング(中区海岸通1、福場政司社長)の第三者割当増資を引き受けて、子会社化することを発表した。モックは、飲食店の集客および販売促進のサポートや飲食店再生ビジネス、ウエディングのプロデュースなどのノウハウを活用、既存事業とのシナジー効果を見込んで、同社の子会社化を決定した。今後、ロイヤルウイングの親会社である吉本興業との協業によりレストランのエンタテインメント化事業を検討するとのこと。増資額は約3,000万円(引受株式数4,271株)で、モックの株式取得後の所有割合は65.0%となる。払込期日は1月23日。ロイヤルウイングは、クルージングレストラン「ロイヤルウイング」(全長86.7m、旅客定員630名)を1日4便運営しており、利用者数は年間約23万人、2005年3月期売上高は15億7,400万円。
株式会社モックロイヤルウイング

[広告]
[広告]
  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?