食べる

横浜市中央卸売市場 横浜水産仲卸棟の一般開放

  • 36

  •  

 横浜市中央卸売市場(横浜市神奈川区山内町9)は第1土曜と第3土曜の8時から10時まで市場一般開放を行っている。

[広告]

 2月は3日と17日で、第1土曜は8時30分からマグロセリ場でマグロの解体ショー、8時から魚河岸処で魚河岸汁の販売。

 第3土曜は普段見ることができない市場内の施設を案内する「市場探検隊」を8時30分から実施。先着20人で、8時から「魚河岸処」で受付を行い、マイナス40度の超低温冷蔵庫や模擬セリ体験など、市場の様々な施設の見学・体験ができる。

 17日は8時30分から「セリ場」で「横浜魚市場Presents地産地消ライブ」。横浜魚市場卸協同組合公認芸人「横浜ヨコハマ」が「オオモリヨウヘイ」さんをゲストに迎え、地産地消を元に笑いと市場のライブを開催する。

 併せて、卸売場で、野菜、果物、花も販売する。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース