新型コロナ関連速報:市2386人/県8184人

食べる

崎陽軒が「鉄道開業150年記念弁当」 横浜らしさを洋風おかずで表現

JR東日本×横浜市歴史博物館×崎陽軒 鉄道開業150年記念弁当

JR東日本×横浜市歴史博物館×崎陽軒 鉄道開業150年記念弁当

  • 410

  •  

 崎陽軒(横浜市西区高島2)は10月11日~15日の5日間限定で、日本で最初の鉄道が新橋~横浜間で開業してから10月14日で150年になることを記念した弁当を販売する。

崎陽軒の「鉄道開業150年記念ひょうちゃん」

[広告]

 「鉄道開業150年記念弁当」は、同社と東日本旅客鉄道横浜支社、横浜市歴史博物館(横浜市都筑区)のコラボレーションによるもの。シウマイ3個のほか、スクランブルエッグをトッピングしたオムライス、エビグラタン、エビフライ、ミニベイクドチーズケーキなどを入れ、「鉄道開業の地である横浜らしさを洋風のおかずで表現した」という。掛け紙には横浜開港資料館(中区日本大通3)が所蔵する、鉄道開業当時の横浜を走る列車の風景が描かれた錦絵をあしらう。

 しょうゆ入れは、「鉄道開業150年記念ひょうちゃん」2種のうちの、いずれかを封入する。

 しょうゆ入れは、同社でシウマイの販売を始めた1928(昭和3)年当時はガラス製だったが、第2次世界大戦後に白い磁器製に変わった。1955(昭和30)年、漫画家の横山隆一さんが、「目鼻をつけてあげよう」と48種類の表情を描き、自ら「ひょうちゃん」と名付けた。現在は3代目のひょうちゃんが、「昔ながらのシウマイ」と「特製シウマイ」に封入されている。

 価格は1,500円。4000個限定で、予約販売のみ。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース