新型コロナ関連速報8日:市2543人/県841…

見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

新横浜駅で鉄道・運輸機構がレール締結式 相鉄から東急へのレールが1本に

  • 1153

  •  

 鉄道・運輸機構(JRTT)は、7月22日、14時から、神奈川東部方面線(相鉄・東急直通線)の、レール締結式を、新横浜の新駅予定地のホームで行った。

相鉄東急直通 レール締結式テープカット

[広告]

 締結式は羽沢横浜国大駅と日吉駅間の全線のレール敷設工事が完了し、相鉄本線西谷駅から東急東横線・目黒線日吉駅間のレールが1本につながることをうけたもの。

 式典は、JRTT東京支社の板倉利太総務課長が開式の辞、蓼沼(たでぬま)慶正東京支社長が神奈川東部方面線の工事施工報告に続き、斎藤鉄夫国土交通大臣、菅義偉衆議院議員代理の新田章文さん、黒岩祐治神奈川県知事、山中竹春横浜市長の4人が来賓として登壇。

 黒岩知事は「7つの事業体、14路線全部がつながった画期的なこと」、山中市長は「工事の開始から10年、いよいよ神奈川東部方面線が1本のレールで繋がる」と祝辞を述べた。

 レール締結は来賓が、斎藤さんら18人と、山中さんら19人で2グループに分かれて実施。軌道上でパンパーラーを手前に引き、最後のレール締結を行い、東急と相鉄のレールがつながった。

 レール締結部の点検確認、日本酒を用いた安全祈願の清めの儀、テープカット、くす玉割りと続き、結びに、軌道モーターカーが、羽沢方面から日吉方面に向けて、ゆっくりと発車、連結されたレールの上を自走した。

 新駅の最大深さは地表から33メートル。JRTTは、神奈川東部方面線、相鉄・東急直通線建設工事の2023年3月の完成・開業に向けて工事を進めている。開業予定は3月中で日付は未定。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース