新型コロナ関連速報:市内4人/県内13人

暮らす・働く

林文子市長、最終登庁 「市民の幸せ遠くから祈る」

  • 994

  •  

 8月29日に任期満了日を迎える林文子市長が、8月27日、最終登庁日となった。

花束贈呈で肘タッチ 林文子市長最終登庁

[広告]

 林市長は2009年に無所属で出馬し、初当選。2018年の市長選ではIRの誘致に関する方針を「白紙」とし3選を果たしたが、2019年には誘致の検討、準備へと一転。4選目を狙った22日の市長選では、IR誘致推進の立場で、選挙公報では商店街支援や子育て世代やひとり親世帯への支援などの「コロナ対策」、国際園芸博テーマパークなど「アフターコロナ」の施策について訴えていた。

 新型コロナウィルスの感染状況を考慮して、最終登庁日のセレモニーは行われず、横浜市役所31階のレセプションルームで、16時30分から開催された局区長会の結びに花束が贈呈された。

 市長を近くで支えてきた担当職員から花束が贈呈されると、林市長は肘タッチで贈呈者への謝意を示し、会場は30秒以上の大きな拍手で包まれた。

 横浜市民へのひとこととして、林市長は「3期12年本当にお世話になりました。これからも遠くで横浜市の市民の皆様のお幸せ、成長をお祈りしております。本当にお世話になりました。ありがとうございました」と述べ、頭を下げた。

 22日に投開票された横浜市長選挙で新市長に選出された山中竹春さんは30日9時に初登庁を予定している。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース