新型コロナ関連速報:市内76人/県内193人

買う 暮らす・働く

1914年創業のブラシ専門店「かなや刷子」が中華街に 横浜初出店

  • 149

  •  

 1914(大正3)年に「大内刷毛店」として浅草に創業した「カナヤブラシ産業」(東京都台東区)が、横浜中華街に「かなや刷子 横浜中華街南門シルクロード店」(横浜市中区山下町)を、7月23日にオープンした。

長く使えるヘアブラシ たわし専門店「かなや刷子」

[広告]

 同社は創業時より、装刷毛、工業用刷毛・ブラシを製造し「堅実低価」をモットーとして営業。関東大震災での全焼や、戦災で全焼を乗り越え、1965(昭和40)年にはドイツより各種ブラシ製造機を導入し、堅実低価の路線を推し進めてきた。

 本社は卸売専門で、小売り専門店は1998(平成10)年に、当時部長で現社長の大内秀雄さんが立案して実現。現在、小売店は、浅草に2店と、西浅草、鎌倉にあり、中華街の店舗は5店目となる。横浜市内の店舗は初で、出店を決めたのは、既存の小売店に横浜から訪れる客が多かったからという。

 店内には、熊野製の化粧ブラシや、純毛の歯ブラシやボディブラシ、ヘアブラシなど伝統的な商品のほか、化学繊維で意図的に静電気をおこしてキーボードのホコリを払いやすくしたブラシなど現代的なアイテムも並ぶ。

 販売スタッフは「純毛のヘアブラシがおすすめ。頭皮のマッサージ効果でツヤツヤさらさらになり、1本で10年から20年使用できる」と話す。「歯ブラシも一般的な歯ブラシより長く、3カ月以上使用可能。『やわらかめ』が馬のたてがみ、『ふつう』は馬のしっぽの毛で作られている」とも。

 営業時間は、10時30分~17時。年中無休。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース