新型コロナ関連速報:拡大防止協力金(第12弾)

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

「MARK IS みなとみらい」に動物と触れ合う屋内型アニマルテーマパーク

  • 183

  •  

「MARK IS みなとみらい」(横浜市西区みなとみらい3)に4月27日、「Moff animal world MARK IS みなとみらい店」がオープンした。屋内型動物園、アニマルカフェ、猫カフェを展開するMOFF(茨城県石岡市)が2022年3月31日までの期間限定で運営する。

Animal encounterエリア Moff animal world MARK IS みなとみらい店

 アニマルテーマパークは5つのエリアで構成。「Animal encounter」エリアでは、間近な距離でカピバラが歩き回り、見上げればオニオオハシが飛び交い、フクロウやは虫類とのネイチャー体験ができる。「Interactive animal」エリアには、チンチラ、ウサギ、モルモット、プレーリードッグ、インコなどと触れあったり、おやつをあげたりすることができる。

[広告]

 そのほか、色をテーマにカラフルなは虫類や両生類に出合える「Colorful animals」、約20頭の猫と触れ合える「ふれあいCat house」、小型犬の「ふれあいDog park」がある。エリアごとにさまざまな動物たちの生態に触れ合いながら学ぶことができる。

 館内では、動物たちとの体験イベントや常駐する飼育スタッフによるアニマルガイドを実施。2013(平成25)年8月から2020年12月31日まで、同施設内で運営していた「オービィ横浜」で人気を集めていた、おしゃべりヨウムの「ぴっぴ」やカピバラの「ジェリー」などの動物とも触れ合える。

 同施設広報担当の大澤昭彦さんは「普段見ることができない珍しい動物を間近に見ることができ、動物と直接触れ合えるエリアもあるので、今後幅広い世代のお客さまに来場してほしい。子どもたちが小さいころから動物と触れ合って、優しい気持ちを養ってほしい」と話す。

 施設は「MARK IS みなとみらい店」5階で、店舗面積は1,917平方メートル。営業時間は10時~20時(最終入園は19時30分)。入場料は、大人(中学生以上)=1,650円、小人(4歳以上)=880円、3歳以下無料。飲食物の持込み禁止。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース