新型コロナ関連速報21日:市内107人/県内2…

見る・遊ぶ 暮らす・働く

MM21地区に世界最大級の音楽アリーナ「Kアリーナプロジェクト」 2023年7月に誕生

  • 1370

  •  

 みなとみらい21地区に2023年夏、世界最大級の音楽アリーナが誕生する。

「Kアリーナプロジェクト」地図・施設配置図

 事業は「Kアリーナプロジェクト」(横浜市西区みなとみらい6)として、みなとみらい21地域のシンボルとなる世界最大級の音楽アリーナ、客室数約340室のインターナショナルブランドホテル、オフィスビルを建設するもの。

[広告]

 建設地は、アンパンマンミュージアムの北側で、「マリノスタウン」跡地のみなとみらい21地区60・61街区の一部。敷地面積は31,793平方メートル。建築面積は27,600平方メートル。建物は地上28階、高さ99.87メートル、延べ面積約119,200平方メートル。工事は2020年8月に着工しており、完成は2023年7月の予定。みなとみらい線「新高島」駅が最寄り駅で、沿道には緑化施設が配置され、水辺に隣接したペデストリアンデッキも整備される。

 横浜市は12月16日に、ケン・コーポレーション(東京都港区)による「Kアリーナプロジェクト」の事業計画を、企業立地促進条例基づき認定した。

 企業立地促進条例の支援対象となるのは、コンサートイベントに特化した機能と設備を備える2万人規模の音楽アリーナ。文化・芸術施設の集積が進むみなとみらい21地域の「音楽の街」としての魅力を高め、にぎわいの創出が期待されている。

 みなとみらい地区周辺には、今年3月7日にコーエーテクモゲームス本社ビル併設の収容人数約2,000人のライブハウス型ホール「KT Zepp Yokohama」が、4月12日に横浜市新市庁舎近くの横浜北仲ノットにライブレストラン「ビルボードライブ横浜」、4月25日にはランドマークタワー近くに1万人規模の「ぴあアリーナMM」、8月5日には横浜駅西口に約1,000人を収容するライブライブホール「1000CLUB」がオープンしている。

 ケン・コーポレーションは、賃貸オフィス・高級賃貸住宅の仲介、不動産に関する企画・管理などの総合的コンサルティング、国内外で約30のホテルの所有・運営を行う不動産事業に関する総合企業。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース