食べる

横浜公園で「コーヒーフェスティバル」 横浜初開催、19店出店

YOKOHAMA COFFEE FESTIVALを企画した百崎佑さん(20)

YOKOHAMA COFFEE FESTIVALを企画した百崎佑さん(20)

  •  
  •  

 「YOKOHAMA COFFEE FESTIVAL」が10月20日、横浜公園(横浜市中区)で開催される。

 大倉山・白楽の「TERA COFFEE and ROASTERS」(港北区大倉山)、中華街の「Tsukikoya Coffee Roaster」(中区山下町)、JR山手駅近くの「横浜元町珈琲」(中区大和町)などの横浜のコーヒー店のほか、湘南・東京・埼玉・香川などから19店が出店する。

[広告]

 コーヒー店やロースターが集結するコヒーフェスは近年、全国各地で開催されているが、横浜での開催は今回が初。

 企画した百崎佑さん(20)は「横浜でのコーヒーカルチャーは、全国に比べてまだ浸透していない。もっと横浜の人たちにコーヒーの素晴らしさを知ってほしい」と思い立ち、バリスタを目指す仲間に声掛けをして実行委員会を立ち上げた。「人と人をつなぐ」「もう一度飲みたくなる、会いたくなる」をコンセプトに据える。

 会場では、コーヒー4杯をテイスティングできるコーヒーの飲み比べチケット(1,000円)のほか、各店で通常サイズのコーヒーやコーヒー豆・グッズなどを販売。コーヒーカクテル作りや、家庭用焙煎(ばいせん)機を使ったワークショップなども開く。

 百崎さんは「コーヒー好きの方に楽しんでいただくのはもちろん、今まで興味がなかった、幅広い層の方がコーヒーに興味を持つきっかけになれば」と期待を込める。

 同イベントは、国・世代・性別・障がいの有無にかかわらず、誰もが集える音楽イベント「ホッチポッチミュージックフェスティバル2019」と連携して開催。音楽を楽しみながらコーヒーを楽しめる。

 開催時間は11時~17時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?