食べる

日本丸メモリアルパークで「ニッポンクラフトビアフェスティバル」 DJ和のDJや星空観望も

ヨコハマきのこ大祭2016の様子

ヨコハマきのこ大祭2016の様子

  •  
  •  

 日本丸メモリアルパークで10月20日・21日、地ビールの祭典「ニッポンクラフトビアフェスティバル2017 in 横浜みなとみらい」が開催される。

 ニッポンクラフトビアフェスティバルは、2006年に東京都墨田区で始まり、今回が22回目。北海道から沖縄県まで、日本全国のクラフトビールが集まる。横浜での開催は初。

[広告]

 提供するクラフトビールはNPO法人「日本の地ビールを支援する会」(東京都北区)が協力。日本各地から取り寄せた22社40銘柄以上のクラフトビールを、すべて樽からサーブして参加者へ提供する。

 会場では、日本丸メモリアルパーク内の飲食店「grill & sea table AKITO」による限定メニュー「至福の肉盛り」、「暴走ポーク」、ブラックアンガスの「ニックアウトTボーンステーキ」などの肉メニューを提供する。

 10月20日は、広末涼子のジャケットで話題のミックスアルバム「ラブとポップ ~好きだった人を思い出す歌がある」がオリコン2週連続TOP5入りを果たしたJ-POP DJ「DJ和」が会場を盛り上げる。また、みなとみらいの秋の星空を楽しめる「VIXEN社」の星空観望ブースが設置され、ビールを片手に夜空の星を体験できる(雨天中止)。

 今回はイベント初登場となるかぼちゃを使った「かぼちゃエール」も提供される。

 主催するニッポンクラフトビアフェスティバル実行委員会委員は「全国各地のビール職人を応援するコンセプトを追求し、ビール会社ごとのブース提供でなく、独自運営によるビアフェスティバル。『数多くの種類を楽しめない』『もっと少しずついろいろ試してみたい』という要望に応え、入場券付属の試飲チケット10枚で、10杯分のビールを試飲・飲み比べできる。ニッポンの職人が造るクラフトビールを、いろいろ飲んで知っていただき、個性豊かな色や香り、味わいをゆったりとお楽しみいただけたら」と話している。

 開催時間は17時~22時。料金は前売券(試飲チケット10枚)=3,900円、前売券(飲み放題) =4,500円、当日券(試飲チケット10枚)=4,500円。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?