天気予報

10

2

みん経トピックス

開店50周年の節目に閉店横浜の給食に青星寮カレー

老舗カレー店「アルペンジロー本店」がリニューアル 本店限定ステーキカリーも

老舗カレー店「アルペンジロー本店」がリニューアル 本店限定ステーキカリーも

本店限定「横浜豚やまゆり」

写真を拡大 地図を拡大

 ウエディング施設を運営するブライダルプロデュース(横浜市中区山下町50)は4月20日、カレー店「アルペンジロー本店」(中区弥生町3)をリニューアルオープンした。

リニューアルした「アルペンジロー本店」外観

 アルペンジローは、群馬県の尾瀬戸倉スキー場で1971年に始まった宿泊ロッジ「アルペンジロー」が前身で、1985年開業の老舗カレー店。3月に2号店「アルペンジロー元町店」(中区山下町50)をオープンしている。

 旗艦店として、オープン当時からの雰囲気をそのままに外観、内装のリニューアルを実施。席数は28席。店内は山小屋をイメージしたあたたかい雰囲気で、オープンキッチンスタイルのカウンター席からは、シェフがカレーを仕上げる調理工程がみえる。

 カレーのルーは、小麦粉を使用しないサラサラのスープカレー。14種類のスパイスに秘伝の出汁を加え、煮込みに丸2日間かけ、角の取れた独特のまろみとうま味をだす。具材には鉄板で焼き上げた大きなブロック肉、米は杉山ファームのコシヒカリを使用。辛さは、野毛山、富士山、キリマンジャロ、アイガー、エベレスト、天国の6段階を選べる。

 カレーメニューは、オリジナルのステーキカリー、バリエーションカレー、牧場カレー。ライスは飯ごうスタイルで提供する。ステーキカリーは、若鶏(1,380円)、豚ロース(1,380円)、牛ミニロイン(1,580円)、本店限定の横浜豚やまゆり(1,580円)の4種類。平日限定のランチカリー「鶏と豚のコラボ」(1,080円)も用意する。ドリンクは、世界のビール7種(各600円)、ラッシー(プレーン540円)、烏龍茶(480円)など。

 そのほか、新たにアルペンロール(300円)、ジローズカスタード(200円)など本店限定オリジナルスイーツ7種類の提供もスタートする。

 店長の岡村勇司さんは「開業当時から変わらぬテーマは『幸せ』。これからもアルペンジローのルーツを引き継ぎ、地元のお客様をはじめ皆様に愛される店を目指していく。横浜の元気をここから発信できれば」と話す。

 営業時間は11時~21時30分(ラストオーダー21時、ルーがなくなり次第終了)。月曜定休(月曜祝日の場合は翌火曜定休)。オリジナルスイーツはテークアウト可能。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

1974年創業の紅茶専門店「サモアール ジョイナス本店」で販売されている数量限定の「レインボーケーキ」(800円)が人気を集めている。7色の虹色のスポンジ生地にレモン風味のバタークリームを重ねたケーキで、SNSに多くの投稿を集めている。同店は、100種類のリーフティーと50種類のオリジナルアレンジティーをそろえる紅茶専門店。営業時間は11時~23時。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング