天気予報

27

21

みん経トピックス

横浜でCSR無料講座オズマガジンが横浜写真募集

海岸通に隠れ家洋菓子店「MAKOON YOKOHAMA」 新しい横浜ギフト提案

海岸通に隠れ家洋菓子店「MAKOON YOKOHAMA」 新しい横浜ギフト提案

「MAKOON YOKOHAMA」の本田龍司さん

写真を拡大 地図を拡大

 みなとみらい線馬車道駅近くに12月7日、洋菓子店「MAKOON YOKOHAMA」(横浜市中区海岸通3)がオープンした。

季節の素材を使用したケーキ

 「横浜のニューヨーク」をコンセプトにした同店は、1970年に創業した地元の商社「ジイ・アンド・テイ商会」の食品製造事業部門として、これまでホテルやカフェで10年以上菓子作りや商品開発を手がけてきた本田龍司さんが妻の佳子さんと義姉の新見明子さんの3人で運営。ビルの地下1階フロアという立地ながら、口コミでリピーターを集めてきた。

 店舗面積は約36平方メートル。「作り手が見える店にしたい」と、商品はすべて店内で製造し、ガラス越しに工程が見えるオープンな造りになっている。国産をメーンに季節の素材を使用し、その場でこまめに作っているため、新鮮な作りたてが食べられるのが売りだという。

 生菓子は菅谷いちご園(茨城)の「いちごっ子」を使用した季節のショートケーキ(苺)(500円)や、ガトーショコラ(450円)、ざっくりパイシュー(300円)、横浜開港プリン(300円)、ロールケーキ(320円)など。フランス伝統菓子のガレット・ブルトンヌ(200円)、ヨコハマブラウニー(220円)、フロランタン(220円)、フランス産ヴァローナチョコレートを使用したロックロッシェ(300円)、チョコと和栗のパウンド(220円)など、幅広い焼き菓子も用意する(値段はすべて税別)。

 商品は同フロアのオリエンタル料理レストラン「AMAZON CLUB(アマゾンクラブ)」に持ち込んで食べることもできる(営業時間内のみ)。

 本田さんは「スタンダードな商品をきっかけに知ってもらい、フランス菓子に限らずマフィンなどさまざまなメニューを展開していきたい。横浜の新しい贈答品として使ってもらえたら」と話している。

 営業時間は10時~22時。日曜・祝日定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

ヨコハマ創造都市センターで7月31日、「新市庁舎にみんなで『ひろば』をつくる会議」が行われる。新市庁舎の「ひろば」(屋根付広場、親水空間、市民協働スペースなどの市民利用スペース)の活用・運営方法をワークショップ方式で考える。新市庁舎は北仲通南地区(中区本町6丁目)に2017年夏に着工予定。地上31階、地下2階、高さ約152メートルの高層ビルとなる。 設計・施工は竹中工務店・西松建設JV。2017年夏着工、2020年6月末の供用開始を目指している。外観パースはこちら。開催時間は15時から。参加費無料。問合せは横浜市総務局新市庁舎整備担当(TEL 045-633-3903)まで。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

横浜にIR(統合型リゾート、英称:Integrated Resort、国際会議場・展示施設などのMICE施設・ホテル・商業施設・レストラン・劇場・映画館・アミューズメントパーク・スポーツ施設・温浴施設などにカジノを含む複合観光集客施設)ができることをどう思いますか?

アクセスランキング