新型コロナ関連速報5日:市内3人を確認

プレスリリース

Victorブランドの計3商品が「2021年度グッドデザイン賞」を受賞

リリース発行企業:株式会社JVCケンウッド

情報提供:

株式会社JVCケンウッドは、Victorブランドのワイヤレスステレオヘッドセット「HA-FW1000T」、コンパクトコンポーネントシステム「EX‐D6」、ワイヤレスシアターシステム “EXOFIELD THEATER” 「XP-EXT1」の計3商品が「2021年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞したことをお知らせします。 当社は、コア技術である映像、音響、通信とともにデザインを礎に、次世代を見据えた研究・技術開発を通じて人が持つ本能と欲求へ素直に応えるテクノロジーで持続的価値を創造しています。今後も、デザインにおける顧客視点からのUX(顧客体験価値)や共創による新たな価値の提供をブランドを通じて実現していきます。





受賞商品のご紹介
Victor ワイヤレスステレオヘッドセット WOODシリーズ HA-FW1000T10月20日発表、11月上旬発売予定)


本機は、当社独自の“木”の振動板を初めて※1搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。木が奏でる美しい響きと自然な音の広がりが特長の高音質を実現。また、独自のデジタル高音質化技術「K2テクノロジー」も搭載し、さまざまな音源をハイレゾ相当の高音質で楽しめます。
※1:2021年11月上旬発売予定、完全ワイヤレスイヤホンとして。(2021年10月21日現在、当社調べ)

〈デザインについて〉
Victorの音づくりの思想である「原音探究」や、イヤホンも「楽器でありたい」という想いを込めてデザインし、WOODシリーズの証として木製のオーナメントとVictorブランドを象徴する「犬のマーク」をあしらっています。音響設計と装着性のあらゆる可能性を追求し、必然性からなる素直な造形表現を丹念に磨き上げることで素材感を際立たせ、本物としての信頼感や所有感を満たす上質さと、心地よい高音質を体験できるデザインを目指しました。

〈商品情報〉
・2021年11月上旬より発売予定。オープン価格(市場推定価格* 39,600円前後(税込))。
*「市場推定価格」は、発売前の商品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。なお、商品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。
・当社公式ホームページ内 「HA-FW1000T」紹介ページ
https://www.victor.jp/headphones/wireless/ha-fw1000t/

【審査員からのコメント】
ビクター独自のウッドドームカーボン振動板を使ったハイエンドのワイヤレスモデルは、長年培われた原音表現のための独自機能を使い抜群の音質を持ち、それに相応しい綺麗な外観である。装着感にもこだわり、安定性もしっかりしている。音を作るという楽器としての深い技術を持ち合わせた同社ならではの、落ち着いた風格と良質な音源を高い技術で再現した、とても品のある商品である。


■Victor コンパクトコンポーネントシステム WOOD CONEシリーズ EX‐D6


振動板に“木”を採用した当社独自の“ウッドコーンスピーカー”を搭載するウッドコーンオーディオとして初めて、一体型スタイルを採用したオーディオシステムです。これまで当社が培ってきたウッドコーンの音響技術・音響設計を惜しみなく投入し、“木”が奏でる自然で美しい響きと、豊かな音楽空間を実現しています。

〈デザインについて〉
Victorの音づくりの思想を念頭に置き、具現化に向けた「ものづくり」を徹底的に追求しました。音楽のある心地よいライフスタイルを提供できるよう、インテリア空間に調和するロースタイルでシンプルな造形と落ち着きのある木目仕上げを施しました。天板にはVictorブランドを象徴する「犬のマーク」を配置し、長く愛される普遍性と信頼感のもてるデザインを目指しました。

〈商品情報〉
・2020年12月より発売中。オープン価格(市場推定価格* 66,000円前後(税込))。
*「市場推定価格」は、発売前の商品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。なお、商品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。
・当社公式ホームページ内 「EX‐D6」紹介ページ
https://www.victor.jp/audio/woodcone/ex-d6/

【審査員からのコメント】
メーカーの「ものづくり」に対する思想が具体化した製品として高い評価を集めた。コア技術となる振動板に「木」を採用したメーカー独自の“ウッドコーンスピーカー”が製品の顔として、落ち着いた矩形と質感の中で強い存在感を発揮している。新しさよりも普遍性と信頼感を追求した空間調和的な造形メッセージは「原音探究」や「スピーカーは楽器でありたい」というメーカーの“音づくり”の思想が真摯に貫かれた結果として、多くの共感が得られた。今後も「ものづくり」へのこだわりに大いに期待させるものになっている。


Victor ワイヤレスシアターシステム EXOFIELD THEATER XP-EXT1


本機は、当社独自の頭外定位音場処理技術「EXOFIELD(エクソフィールド)」を搭載し、自宅にいながら専用ヘッドホンで映画館やライブ会場、スタジアムにいるかような立体音場を体験できるワイヤレスシアターシステムです。スマートフォンのアプリを使い、耳や頭の形・大きさによって個人差が生じる音の聞こえ方(個人特性)を簡単に測定でき、最適な音場効果を設定できます。

〈デザインについて〉
Victor独自のテクノロジーを簡便・快適かつ上質な体験として提供したいという想いでデザインしました。人間工学に基づき、ハウジング形状やイヤーパッドのクッション性、ヘッドバンドの素材や側圧の吟味を行い、長時間の使用においても疲れにくく、快適なリスニングが楽しめます。また、エンターテイメント性と高品位な先進性を感じさせるスタイリングと仕上げにより、新たな映像と音楽の楽しみ方を感じさせるデザインを目指しました。

〈商品情報〉
・2020年8月より発売中。オープン価格(市場推定価格*110,000円前後(税込))。
*「市場推定価格」は、発売前の商品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。なお、商品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。
・当社公式ホームページ内 「XP-EXT1」紹介ページ
https://www.victor.jp/exofield/theater/lineup/xp-ext1/

【審査員からのコメント】
ユニット付きのこのヘッドホンが実現したのは、全方向からのサウンドを意識させそこに空間を生み出す、伝えきれないがそんな感じだろう。個人特定→最適化も独自のシステムでオリジナル感がありワクワクする。臨場感。この1点に集約され価格を抑えた技術とこだわり抜いた快適さを高く評価したい。

<「グッドデザイン賞」について> 
グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加しています。これまでの受賞件数50,000件以上にのぼり、受賞のシンボルである「Gマーク」は、よいデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。(「グッドデザイン賞」公式Webサイトより)

・公益財団法人日本デザイン振興会 グッドデザイン賞 公式Webサイト:https://www.g-mark.org/


当社プレスリリースURL:https://www.jvckenwood.com/jp/press/2021/press-211021-01.html


<商標について>
・「K2 TECHNOLOGY」「K2テクノロジー」「WOODCONE」「EXOFIELD」「EXOFIELD THEATER」は株式会社JVCケンウッドの商標または登録商標です。
・その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標および登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先
--------------------------------------------------------------------------------------------------
【報道関係窓口】 株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL : 045-444-5310 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
--------------------------------------------------------------------------------------------------
本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
www.jvckenwood.com

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース