新型コロナ関連速報27日:市内54人/県内16…

プレスリリース

鎌倉みんなのスタジアム #鎌倉みんスタ プロジェクト 最初のバナー広告協賛(支援金110万円)が決定

リリース発行企業:鎌倉インターナショナル株式会社

情報提供:

鎌倉インターナショナルFC(通称: 鎌倉インテル、所在地:神奈川県鎌倉市、代表:四方健太郎)が行っている、市民が利用できる人工芝グラウンド建設のためのクラウドファンディング、「鎌倉みんなのスタジアム #鎌倉みんスタ」プロジェクトのリターンのひとつである、バナー広告(支援金110万円・税込み)にアカラクリニック(所在地:神奈川県鎌倉市岡本、福田真院長)が、支援して下さることが決まりました。企業向けのリターンである、バナー広告としては、最初となる「第1号」のご支援です。今春、深沢地域に完成する予定の鎌倉みんなのスタジアム(仮称)内に、バナー広告(縦90センチ×横300センチ)を2024年3月まで、掲示します。 同時に鎌倉インテルは、アカラクリニックとの連携を深め、スタジアム内のバナー広告は、弊クラブのTwitter、Facebook、InstagramなどのSNSやYouTube、公式サイト内の写真、動画にて、定期的に露出してまいります。デジタル上でも、アカラクリニックのパートナーシップが幅広く認知されるよう、運用する予定です。




アカラクリニック 福田真院長
「お腹が痛い、と若い女性の患者さまが来院されました。検査の結果、数値などに異常は見られず、原因は特定できません。痛み止めなどを処方し、『薬を内服して、様子を見て下さい』というのが、これまでの一般的な内科です。はたして、それでいいでしょうか…。患者さまは、何か不安を抱えているのではないか。もしかすると、何らかの理由があって夜、寝られず、腹痛を引き起こしているのではないか。グローバリズムが加速するなか、持続可能な社会作りが叫ばれ、デジタル化も急ピッチで進み、ストレスを抱えている人は増えています。加えて昨今のコロナ禍により、世代、性別を問わず、悩みや不安を抱えていない人はいない、と言っても過言ではないでしょう。世の中がより複雑化し、混迷を極めるいま、医療も変化が必要だと感じています。
鎌倉インテルの地元に密着した姿勢と、単なるサッカークラブではなく、日本の国際化を目指す、という理念。さらに行政に頼らず、民間の資金だけで、鎌倉初めてとなる、人工芝のグラウンド作り。この無謀とも思えるチャレンジに、大いに共感しました。私がいま、この鎌倉で取り組む、これまでにない医療の提供と、相通じるものを感じます。しかも今回、当クリニックの支援は、企業からのクラウドファンディングとしては、最初となる『第1号』と聞きました。先んじて、一歩前へ踏み出す姿勢は、鎌倉インテル、また当クリニックの理念とも共通します。
今春、鎌倉みんなのスタジアムが完成したら、当クリニックの患者さまと一緒に、選手たちを応援し、青々とした人工芝のピッチを歩いたり、駆けたり、寝転んだり…。これまでにない方法で、みんなで幸福感を味わい、元気になりたいと思います。これからも地域医療の充実に取り組み、鎌倉インテルとともに、地元に貢献したいと考えております」


鎌倉インターナショナルFC 四方健太郎代表
「クラブ創設して間もないころ、鎌倉には夜、『スナック』を開くクリニックがあると聞き、吉田健次GMがその懇親会に参加させていただいたことが、弊クラブとアカラクリニックとの出会いでした。人と人との出会いを重んじ、そのためには、『とにかくやってみる』という福田院長の行動力に、たいへん感銘いたしました。昨年12月、鎌倉みんなのスタジアム(仮称)の建設費の一部をまかなうため、クラウドファンディングを立ち上げました。すぐに福田院長から支援のお申し出がありました。スタジアムが完成したら、アカラクリニックに関わるみなさまには、野外でのリハビリやウォーキング、ピクニックなど、定期的にご利用いただき、鎌倉のみなさんが、より元気になるような町づくりをともに築き上げていきたいと考えております」

【アカラクリニック】 http://www.akala-clinic.jp/
所在地:〒247-0072 神奈川県鎌倉市岡本1343-5
電話:0467-84-9527 院長:福田真

2016年4月に開院した、内科だけではなく、心療内科からのアプローチを含む、総合的な診療を信条とする、新しい形の地元密着型のクリニックです。ほかリウマチ科、一般皮膚科、美容皮膚科、訪問診療も併設しています。鎌倉のみなさんが、体に痛みや変調を感じることなく、心豊かに、幸せを感じながら毎日を暮せるよう、充実した医療を提供することを理念としています。


【鎌倉インターナショナルFC】 https://kamakura-inter.com/
所在地:〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船1-12-10 湘南第5ビル4F NEKTON大船#01
代表:四方健太郎

鎌倉インターナショナルFC(通称:鎌倉インテル)は、世界のスポーツのなかで最も競技人口と観戦者数が多いサッカーを通じ、日本を国際化することを目指して2018年1月に設立しました。今季、神奈川県社会人サッカーリーグ2部で戦い、力をつけ、近い将来のJリーグ参入を見据えています。ビジョンは“CLUB WITHOUT BORDERS”。人種や宗教、性別、年齢など、あらゆるものに “BORDER(境界線)”をもたないサッカークラブを作り上げます。同時に海外で活躍する選手や人材を育成し、鎌倉発のグローバル人材を輩出していきます。

【鎌倉みんなのスタジアム #鎌倉みんスタ プロジェクト】
https://kamakura-inter.com/kifc-cf/

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?