3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

増えた時間の過ごし方1位は“自宅の掃除・片付け” 来店不要の“トランクルーム”申し込み需要増

リリース発行企業:株式会社キュラーズ

情報提供:

株式会社キュラーズ(本社:東京都品川区、代表取締役:スティーブ・スポーン)は、休校措置やテレワーク等によって変化した自宅での過ごし方に関するアンケート調査を2020年3月25日~27日の3日間、全国20~60代の男女796名を対象に実施致しました。


■調査結果サマリー

およそ5割の方が、昨年と比べて自宅で過ごす時間が増えたと回答。
4人に1人の方が、増えた時間を“自宅の掃除・片付け”に費やしている。
“自宅の掃除・片付け”に伴って利用を検討したサービスは、“トランクルーム”が最多15.7%。
来店不要の“トランクルーム・キュラーズ オンライン契約”が前年比+60%超を記録。



■Q1. 昨年と比べて、自宅で過ごす時間はどう変わりましたか?


  
※以下、Q1にて “とても増えた” “やや増えた” と答えた方が対象。
■Q2. 増えた時間の自宅での過ごし方は何ですか?
  (最も印象に残っているもの一つを選択して下さい。)


※以下、Q2にて“自宅の掃除・片付け”と答えた方が対象。
■Q3. “自宅の掃除・片付け”を行うにあたって、利用を検討したサービスは何ですか?
   (最も印象に残っているもの一つを選択して下さい)


■調査概要
 調査対象:全国20~60代の男女 796名
 調査期間:2020年3月25日~3月27日(Webアンケート)

■トランクルーム・キュラーズ オンライン契約数


 休校措置やテレワークの推進等によって、約5割の方が自宅で過ごす時間が増えたと回答。また、増えた時間の自宅での過ごし方としては4人に1人が“自宅の掃除・片付け”と回答しました。不要不急の外出を控え、自宅で過ごす時間が増えた事で、身近な環境を改善しようと掃除や片付けを行う人々が増加。掃除・片づけを行うにあたって、自宅以外の荷物保管場所として、7人に1人の方がトランクルームの利用を検討されているという結果となりました。
 それに伴い、トランクルームをスマホやパソコンで利用申込みを行う事が出来る、キュラーズのオンライン申込みも前年比+60%増加。
 需要増の背景には、来店不要で申込みを完結する事ができ、スタッフと対面する事なくスムーズに利用を開始出来る点が大きなメリットの一つとして、居住スペースの狭小化が進む都心部を中心に新たな潜在顧客層に広く受け入れられつつあります。
 ※最短で翌営業日の正午12時以降、24時間いつでもトランクルームの利用開始が可能。

 従来の引っ越し時の一時保管ニーズに加え、建築資材の納期遅れ等で、新居に引っ越す事が出来ず急遽トランクルームを利用されるケースも増加傾向にあるなど、社会背景の変化と共に、スピーディなオンライン契約や、自宅からトランクルームを結ぶ無料シャトルサービスについても高い評価を頂いております。荷物の一時保管にお困りの際には、トランクルームサービスの活用も是非ご検討下さい。

■トランクルーム・キュラーズ オンライン申込み
 https://www.quraz.com/obs


■本件に関するお問い合わせ
 株式会社キュラーズ マーケティング部
 TEL:03-4563-1506 Mail:marketing@quraz.com

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今日のランチは?