プレスリリース

ニュルブルクリンク量産FF車最速*メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR発表

リリース発行企業:ルノー・ジャポン株式会社

情報提供:

ルノー・ジャポン株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:大極 司)は、       2019年4月5日に、ニュルブルクリンクサーキット北コースの量産FF車最速記録を更新したメガーヌ ルノー・スポール(R.S.) トロフィーRの購入申込を、1月10日(金)11:00から受付けます。


メガーヌ R.S. トロフィーRは、ルノーがF1を頂点とするモータースポーツで培ったノウハウや先進の技術を駆使し、メガーヌ R.S.が持つ潜在能力を最大限引き出したモデルで、ニュルブルクリンクサーキットをはじめとする世界の名だたるサーキットで量産FF車の最速記録を打ち立てています。

 メガーヌ R.S. トロフィーRは、メガーヌ R.S. トロフィーをベースに、エンジンパワーに頼ることなく、サーキットのラップタイムを短縮することを目指し、徹底した軽量化とサスペンションを始めとするシャシー性能の向上、そして空力性能の大幅な向上を果たしたモデルです。
 このメガーヌ R.S. トロフィーRに、軽量なカーボンホイールや、強力な制動力を持つカーボン・セラミックフロントブレーキディスクといった、より高いレベルのドライビングスキルを持つエキスパートドライバーに向けた専用装備を搭載したモデルがメガーヌ R.S. トロフィーR ‘カーボン・セラミックパック’です。

 メガーヌ R.S. トロフィーRは、世界で500台のみ生産される限定モデルで、そのうちの30台が、メガーヌ R.S. トロフィーR ‘カーボン・セラミックパック’です。
 日本では、このうちメガーヌ R.S. トロフィーRが47台、メガーヌ R.S. トロフィーR ‘カーボン・セラミックパック’が4台販売されます。
*2019年4月5日、ニュルブルクリンク北コースにおいて、メガーヌ ルノー・スポール トロフィーRが量産FF車最速となる7分40秒100を記録

■販売方法について
 メガーヌ R.S. トロフィーRは、世界で500台のみ生産される限定車で、そのうち30台はエキスパートドライバー向けの専用装備が搭載されるメガーヌ R.S. トロフィーR ‘カーボン・セラミック パック’という仕様です。
 これらモデルの日本での販売台数は非常に限られていることから、販売方法はそれぞれ下記の通り購入申込受付順での販売と、抽選による販売となります。

【メガーヌ R.S. トロフィーR販売方法】
販売方法: 購入申込受付順での販売(限定台数に達し次第終了)
購入申込受付開始日時: 1月10日(金)11:00
購入申込方法: ルノー・ジャポン オフィシャルウェブサイト内専用申込ページで受付

【メガーヌ R.S. トロフィーR ‘カーボン・セラミックパック’販売方法】
販売方法: 抽選による販売
購入申込受付期間: 1月10日(金)11:00から1月19日(日)23:59まで
購入申込方法: 以下のいずれかの方法で購入申込を受付
1. ルノー・ジャポン オフィシャルウェブサイト内専用申込ページで受付
2. ルノー正規販売店で受付
抽選結果の連絡: 1月22日(水)以降、購入申込者に連絡

※両モデルとも、購入申込時に、申込金として15万円を申し受けます。
※販売に関する情報は、ルノー・ジャポンオフィシャルウェブサイトをご覧ください。
https://www.renault.jp/car_lineup/megane_rs/trophy-r/index.html





※リサイクル料金:¥13,860
ボディカラー: ブラン ナクレM   ※M:メタリック
販売方法:メガーヌ R.S. トロフィーR/購入申込受付順
     メガーヌ R.S. トロフィーR ‘カーボン・セラミックパック’/抽選

【メガーヌ R.S. トロフィーR専用装備】

※メガーヌ R.S. トロフィーから追加される専用装備
・ カーボンコンポジットボンネット
・ カーボンリアディフューザー
・ アクラポヴィッチ製チタンエキゾースト
・ メガーヌ R.S. トロフィーR専用デカール
・ ブラックシャークアンテナ
・ サベルト製モノコックレーシングシート
・ トロフィーR専用アルカンタラステアリング
・ ラゲッジネット
・ タイヤ用ネット
・ トロフィーR専用シャシー
・ オーリンズ製調整式ダンパー
・ 19インチ鍛造アロイホイール

※メガーヌ R.S. トロフィーRから追加される専用装備
・ ブレンボ製カーボンセラミックブレーキディスク&ゴールドキャリパー(フロント)
・ カーボンホイール
・ ダイナミックエアインテーク






  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?