新型コロナ関連速報26日:市1125人/県29…

プレスリリース

TUNAG、小売・流通・食品業界向け大規模セミナー「リテールトレンドWEEK 2022」に登壇!

リリース発行企業:株式会社スタメン

情報提供:

株式会社スタメン(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:加藤 厚史)が自社で開発・提供する、組織エンゲージメントを高めるITサービス「TUNAG(ツナグ、 https://tunag.jp/ja/ )」は、一般社団法人全国スーパーマーケット協会と株式会社リテール総合研究所が主催する、小売・流通・食品業界向け大型オンラインセミナー「リテールトレンドWEEK 2022」の初日(2022年9月5日(月))に登壇することをお知らせいたします。




本イベントでは、クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社社長の若月貴子氏、株式会社赤ちゃん本舗社長の味志謙司氏、法政大学名誉教授の小川孔輔氏など、総勢40名を超える業界のトップランナーや専門家が登壇。小売・流通・食品業界の店舗改革やDX(デジタルトランスフォーメーション)推進、SDGsなど、経営者や管理部門のヒントになる情報をお伝えします。

初日である9月5日(月)に、TUNAGの営業部責任者/鎌倉支社長を務める岩田が「エンゲージメントを高める、多店舗経営の社内コミュニケーション」というテーマで登壇します。

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけとした働き方の急激な変化や、昨今の人的資本経営への注目の高まりにより、重要性を増す「従業員エンゲージメント」。小売業界をはじめとする多店舗展開企業においては、本部と店舗、店舗間のコミュニケーションや情報共有の課題を抱えることが多く、その解決策として従業員エンゲージメントがこれまで以上に注目を集めています。

そこで今回の登壇では、働く場所や時間・雇用形態が異なる組織において、経営者や管理部門はどのようにエンゲージメント向上やコミュニーション活性化に取り組んでいくべきなのか、多店舗展開企業を中心に500社以上のエンゲージメント向上を支援する「TUNAG」の事例を交えて紹介します。

本イベントは無料で参加できるオンラインセミナー形式で、イベント終了後2週間のアーカイブ配信もおこなわれる予定です。
※アーカイブのみ視聴する場合でも、お申し込みが必要です。

▼参加お申し込みはこちら
https://retail-trend.jp/rtw-day1


こんな方にオススメです

・本部と店舗、店舗同士のコミュニケーション活性化の取り組みを知りたい方
・多店舗経営におけるエンゲージメント経営の実践について理解を深めたい方
・従業員がイキイキ能力を発揮できる、生産性の高い組織を作りたいと考えている方


登壇概要

【登壇日】
2022年9月5日(月)

【テーマ】
エンゲージメントを高める、多店舗経営の社内コミュニケーション



【登壇者】
岩田 浩史
株式会社スタメン(TUNAG)
TUNAG事業部 営業部責任者 / 鎌倉支社長

【登壇者プロフィール】
新卒で株式会社パソナに入社、人材派遣や業務委託の営業を経験。2019年4月より株式会社スタメンに入社し、組織のエンゲージメントを高めるクラウドサービス「TUNAG」の営業を担当。多店舗展開企業を中心に、年間300社以上の企業へコンサルティング営業を約3年担当。現在は営業責任者としてマネジメントや組織開発に従事。

▼参加お申し込みはこちら
https://retail-trend.jp/rtw-day1


「リテールトレンドWEEK2022」について



「リテールトレンドWEEK 2022」は、激動する小売・流通・食品業界の最新トレンドや経営戦略について、業界のトップランナーが様々な事例を交えながら語るオンライン完結の大型オンラインセミナーです。店舗改革やDX推進、SDGsなどをテーマに、5日間で40を超える講演が開催されます。弊社が登壇するイベント初日は、DXの基盤となる「組織」について、経営戦略レベルから議論します。

会期:2022年9月5日(月)~9日(金)
主催:一般社団法人全国スーパーマーケット協会、株式会社リテール総合研究所
イベント公式ページURL:https://retail-trend.jp/retailtrend-week
参加費:無料
開催形式:オンライン開催(セミナー形式)


TUNAG(ツナグ)について

「TUNAG」は、従業員エンゲージメントを高めるITサービスです。

1. エンゲージメント向上に欠かせない、社内制度の設計ができる
自社の文化や課題に合わせて、情報共有やコミュニケーションの社内制度を設計できます。

2. 設計した社内制度をPC・スマートフォンで運用できる
情報共有やコミュニケーションを、Webブラウザ・スマートフォンアプリのプラットフォーム上で運用し、日常的にエンゲージメント向上に取り組めます。

3. 分析ダッシュボードで、社内制度の効果測定・運用改善ができる
社内制度の利用状況や従業員の行動・リアクションを数値で見ながら、分析・運用改善をしていけます。

主な機能は次の通りです。

制度設計機能
投稿・申請承認のテンプレートを自社に合わせてカスタムできます。

タイムライン機能
会社のあらゆる情報がタイムライン上に集約され、組織や人の今がわかります。

ダッシュボード機能
ログイン状況や既読、コメントやリアクションなどを数値で確認しながら、施策の改善につなげられます。
「TUNAG」は自社に合わせて設計・運用ができるため、中小企業・ベンチャーから大手企業まで、数名規模~数万人規模の企業様にご利用いただいています。

▼「TUNAG」のサービス概要資料はこちら
https://tunag.jp/ja/download-list/3minute_tunag/




株式会社スタメンについて

「一人でも多くの人に、感動を届け、幸せを広める。」を経営理念に掲げ、2016年1月に設立。創業事業として、エンゲージメントを高めるためのプラットフォーム「TUNAG(ツナグ)」を展開。その後、利用企業数の順調な拡大により2020年12月に株式上場。コミュニティプラットフォームの「FANTS(ファンツ)」は、第2弾のSaaS事業として2020年5月に事業を開始し、芸能人やYouTuber、プロスポーツチームなどに利用されている。2021年10月には初の100%子会社として株式会社STAGEを設立し、人材紹介事業を開始。

会社名 : 株式会社スタメン
代表者 : 代表取締役社長 加藤 厚史
所在地 : 愛知県名古屋市中村区下広井町1-14-8
設 立 : 2016年1月
資本金 : 6億円
従業員数 : 71名 (2022年4月末時点の正社員数)
証券コード: 4019
事業内容 :
「TUNAG」 エンゲージメント経営プラットフォーム https://tunag.jp/ja/
「FANTS」 コミュニティプラットフォーム https://fants.jp

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース