新型コロナ関連速報:市4977人/県12432…

プレスリリース

アルピーヌ創業者生誕100周年記念限定車アルピーヌ A110 GT ジャン・レデレ日本導入について

リリース発行企業:ソシエテ・デ・オートモビル・アルピーヌ

情報提供:

2022年5月に、アルピーヌ創業者であるジャン・レデレの生誕100周年を記念するイベントが、アルピーヌが作られているフランスのディエップで開催され、これを記念した限定車アルピーヌ A110 GT ジャン・レデレが公開されました。このモデルを、近日中に日本にも導入します。導入時期に付いては、後日発表します。



 アルピーヌの創業者 ジャン・レデレは、1922年5月17日にディエップで生まれました。優秀な成績でビジネススクールを卒業したレデレは、当時フランスで最年少となる24歳で父親が経営していたルノー ディーラーを引き継ぎます。その後、ルノー車でレースに出場するようになったレデレは、さらなるスピードを求めルノー車を改造し、軽量でパワフルな車を独自に作り始めます。これがアルピーヌの始まりとなりました。

 アルピーヌ A110 GT ジャン・レデレに採用された、光沢のあるブラックルーフとグリ モンテベロの伝統的なボディカラーの組み合わせは、ジャン・レデレの好みであっただけでなく、1963年1月に発売された、グランドツーリングの精神を宿した最初のアルピーヌと同じボディカラーでもあります。アルピーヌ A110 GT ジャン・レデレは、創業者の優雅な雰囲気と細部へのこだわりが感じられるとともに、アルピーヌのDNAである軽さと敏捷性を合わせ持っています。
 最初のアルピーヌ A110と同様、この特別な限定モデルは、ディエップのジャン・レデレ工場で設計され、組立てられています。

 アルピーヌ A110 GTがベースのこの限定車は、快適さと優雅さを併せ持ち、日常使いにも最適です。グランプリホイールとシルバーキャリパーの組み合わせは、この特別なモデルに躍動感を与えています。
 室内は、グレーステッチが施されたSabelt(R)の快適なバケットシート、同じグレーステッチが施されたダッシュボードとセンターコンソール、そしてグレーステッチに加え12時の位置にグレーでセンターラインが刺繍されたステアリングホイールによって、洗練された雰囲気に仕上げられています。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース