新型コロナ関連速報:市4977人/県12432…

プレスリリース

丸井グループ主催アクセラレーター・プログラム参加企業アレスグッドに出資~社会課題に挑む企業と若者の出会いを「エシカル就活」で推進~

リリース発行企業:株式会社丸井グループ

情報提供:

株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩、以下丸井グループ)は、社会課題に取り組むエシカル企業と学生をつなげる採用プラットフォーム「エシカル就活」を運営する、株式会社アレスグッド(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:勝見 仁泰、以下アレスグッド)へ出資いたしました。将来世代と共創することで、「サステナブルな社会」「Well-beingな社会」の実現をめざします。



■ 本出資の背景
丸井グループは、2026年3月期までの中期経営計画において、「将来世代の未来を共に創る」「一人ひとりの『しあわせ』を共に創る」「共創のプラットフォームをつくる」という3つのテーマからなる「インパクト」を設定しています。
私たちが2050年に向けたビジョン「ビジネスを通じてあらゆる二項対立を乗り越える世界を創る」を実現するにあたり、将来世代の皆さまに、さまざまな生き方・働き方の選択肢を提供するのは必要不可欠であると考えております。

アレスグッドは、代表の勝見氏が高校時代に訪れた東南アジアで、先進国と途上国の経済格差に関心を持った原体験を元に、大学在学中の2020年に創業されたスタートアップ企業です。日本の産業界におけるサステナビリティ貢献度の低さに危機感を覚え、「産業界のSX(サステナビリティトランスフォーメーション)」推進をめざしています。「エシカル就活※」のビジネスを通じ、エシカルな志向を持つ求職者と企業とのマッチングを実現しており、これは私たちの考える「自己実現の応援」にもつながるものです。誰もが「しあわせ」に自分らしく生きられる選択肢を提供することで、社会を良い方向に変えていくインパクトを起こす原動力になると考え、このたびの出資にいたりました。


※「エシカル就活」とは
「エシカル就活」は、 社会課題解決を志す優秀な学生と、積極的に
社会課題解決に取り組む企業の出会いをつなぐ総合的なサステナビリティプラットフォームです。気候変動、ジェンダー不平等、貧困格差など社会課題が顕在化する中、若者を中心とした社会課題解決に向けた運動が世界中で活発化しています。一方、社会課題解決と経済活動との両立を基軸に「三方よし」の経営改革を進める企業も出現し始めており、「エシカル就活」は、そのような両者をマッチングし、「産業界のSX」を加速させることをめざしています。

両社は、2020年に当社グループが開催した「第1回Future Accelerator Gateway※」で出会いました。現在当社グループは、「エシカル就活」のサービスにて、インパクトの実現に向けたさまざまな取り組みについて情報を発信しております。本業を通じた社会課題解決に取り組む当社グループと、「エシカル就活」の親和性は大変高く、そうした志を同じくする方々に当社グループを知っていただくことで、めざすインパクトの実現につなげてまいります。


※将来世代との共創「Future Accelerator Gateway」とは

当社グループ主催のアクセラレーター・プログラム「Future Accelerator Gateway(以下:FAG)」は、「インパクト」の具現化のために、将来世代である大学生・大学院生からアイデアを募集し、当社グループ社員とチームを組み、約3カ月にわたり起業家メンターの伴走のもと、新規事業の創出をめざします。資本業務提携先である中高生向けのIT教育プログラム運営のライフイズテック株式会社さまと連携し、過去2回開催。優秀なアイデアや当社グループと親和性のあるアイデアには協業を検討するほか、インターンシップや本採用を通じて、提案事業を受賞者自身が当社グループで継続し実現していただくことも検討しております。勝見氏も参加した、「第1回FAGデモデー」では、応募総数50チームの中から選抜された4チームが参加し、著名な実業家の方や当社グループ役員に向けて熱のこもったプレゼンを行いました。

▼「第2回FAGデモデー」の様子はこちらからご覧ください
https://www.to-mare.com/news/2022/2future-accelerator-gateway.html



<アレスグッド 代表取締役CEO 勝見 仁泰コメント>



このたび、日本を代表するサステナビリティ先進企業である丸井グループさまに株主になっていただき、心よりうれしく思っております。出会いのきっかけは、丸井グループさまが主催されるアクセラレーションに弊社が採択いただいた2020年です。青井社長と対話をさせていただく中で、「将来世代との共創」についての熱い想いを伝えていただきました。「産業界のSX」は切っても切り離せない全世界が乗り越えるべき最大の課題の一つです。小売や金融という業種・業界にとらわれず、「産業界のSX」を率先される丸井グループさまとの協業を通じ、気候変動、貧困、ジェンダーギャップなどの産業界に取り巻く社会課題を解決してまいります。

<丸井グループ 代表取締役社長 代表執行役員 CEO 青井 浩コメント>


勝見さんとは、2020年に当社が開催した大学生向けのアクセラレーター・プログラムでファイナリストとなられたことがきっかけで、協業が始まりました。当社では「将来世代の未来を共に創る」というインパクト目標に向けて、若い世代の皆さまとの共創を進めております。アレスグッドさまとの協業はその嚆矢ともいうべき取り組みです。そして、このたび、協業をさらに前進させるために出資の機会をいただけたことをうれしく思っております。将来世代の未来を共に創るパートナーとして、これからも全力で共創に取り組んでまいります。


■ アレスグッドの概要
商 号 : 株式会社アレスグッド
本 社 所 在 地 : 〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-5
M’s Ark KAMAKURA 2F
U R L : https://www.allesgood.jp/
代 表 取 締 役 : 勝見 仁泰
事 業 内 容 : SX推進プラットフォーム運営

■ 丸井グループの概要
商 号 : 株式会社丸井グループ
本 社 所 在 地 : 〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代 表 電 話 : 03(3384)0101 FAX 03(5343)6615
U R L : https://www.0101maruigroup.co.jp
代表取締役社長 : 青井 浩
おもな関連会社 : (株)エポスカード、(株)丸井、(株)エムアンドシーシステム ほか

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース