新型コロナ関連速報:市804人/県1885人

プレスリリース

サムスンと共に革新的なアイデアを実現するプログラム「Samsung Mobile Advance」の協業スタートアップの募集を開始

リリース発行企業:株式会社サムスン日本研究所

情報提供:

株式会社サムスン日本研究所(本社:横浜市、代表取締役:川平博一)は、サムスンとスタートアップが協力して革新的なアイデアを実現するためのプログラム「Samsung Mobile Advance(SMA)」への提案の募集を開始致します。 SMAはサムスンが開発及び製造販売するスマートフォン、スマートウォッチ、TWSイヤーフォン、ARグラスなどに新たな価値を創造し、ユーザーに新たな体験を提供することを目的としています。本年より世界の各拠点で同時に実施され、日本ではサムスン日本研究所が事務局を担当致します。 提案が採用された場合は助成金が支給され、プログラムの完了後には更なるパートナーシップや投資の機会につながるようなサポートを受ける機会ができます。









Samsung Mobile Advance応募要項

応募資格:日本に法人登録されているスタートアップ、中小企業
募集分野:


スマートフォン、スマートウォッチ、TWSイヤフォン、ARグラスに関連する技術、AIを活用したアプリケーション
カメラ関連技術、画像・動画編集処理技術、ヘルスケア・フィットネス関連技術、生体データセンシング技術、オーディオ関連技術、革新素材、放熱ソリューション、バッテリ、センサー&アルゴリズム、メタバース関連技術、ESG関連技術、Game 周辺技術、複数のSamsung Productを活用したマルチデバイスエクスペリエンスなど

応募方法:


以下のURLから提案様式(.pptx)をDownloadし、英語で記載(日本語でも可)
  https://www.slideshare.net/secret/1aQM5idIF1ujPP
Downloadが上手く行かない場合は、お問い合わせ先までご連絡下さい。
提案様式冒頭のGuidelineを参考に、保有技術のご紹介と、その活用・応用によりサムスンの製品ポートフォリオの補完や差別化が可能な試作品の構築のための提案書(PoC提案書)をご提出下さい。


Merit:


助成金:1件当たり最大5百万円
プログラム終了後のパートナーシップや投資が受けられ可能性が広がります
サムスンとの長期的な関係を構築できる機会が得られます。
サムスン技術者との交流関係が構築できます。

実施日程:


提案書提出締切り:2022年3月18日(金曜日)
書類審査:4月末
ピッチング:5月中
最終選考:6月末
契約完了:7月中
プロジェクト開始:7月中
プロジェクト期間:最大6か月
成果発表:2023年2月 韓国本社サムスン電子MX事業部に対してデモンストレーション実施

応募およびお問合せ先:


株式会社サムスン日本研究所 SRJ-Y Center  乙部 英一郎
Email: eiichiro.otobe@samsung.com
SMA情報サイト:https://developer.samsung.com/open-innovation


  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース