新型コロナ関連速報:市220人/県1357人

プレスリリース

企画展「美術の眼、考古の眼」展覧会開催のお知らせ【横浜市歴史博物館】

リリース発行企業:公益財団法人横浜市ふるさと歴史財団

情報提供:

横浜市歴史博物館では1月22日から、現代アートと縄文土器のコラボレート展覧会を開催いたします。横浜市域出土の考古資料と現代作家の作品という異なる分野の「モノ」を同じ空間に展示することで、みる人の自由な発想を刺激し、分野にとらわれず展示をみることの自由を探る、そのような期待を込めた展覧会です。








展覧会概要

【会期】令和4年1月22日(土)~3月6日(日)
【開館時間】9時~17時(券売は16時30分まで)
【休館日】月曜日
【会場】横浜市歴史博物館 企画展示室
【主催】(公財)横浜市ふるさと歴史財団
【共催】横浜市教育委員会
【観覧料】一般800円、高校・大学生600円、小・中学生・横浜市内在住65歳以上500円
https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/koudou/see/kikakuten/2021/202201_bijutsunomekoukonome/

開催趣旨

ミュージアムでは、考古資料や美術作品をふくむ歴史資料=「モノ」資料においては、「モノ」が持っている様々な情報をとりだし、つくられた年代、当時の社会や文化といった背景を読み解き、そのほんの一部が展示されます。それはある意味では、みせるという行為が恣意的であるともいえます。しかし一方では、なにかをみるという行為は「受け手」(観者)の文化、社会、経験といったフィルターをとおしてみられるということでもあります。

本展では、横浜出土の考古資料をとおしてみる現代美術という「考古の眼」。そして、現代美術をとおしてみる考古資料という「美術の眼」。この二つをキーワードに、みる人の自由な発想を刺激し、分野を超えて確かに何か感じる“共感”や“違和感”を感じ取ってもらい、分野にとらわれず展示をみることの自由を探る、そのような期待を込めた展覧会です。


みどころ

1、美術と考古が織りなす空間のコラボレーション
展示を「みる」ことをキーワードに、そこから導かれる、親和性や違和感が感じられる作品と縄文土器が溶け合う展示プランを試みます。
2、縄文土器と出品作家作品の数々
本展は間島秀徳、松山賢そして薬王寺太一の作品とともに横浜出土の縄文土器約30点を出品。総数約90点含む展示となります。間島・松山は本展に合わせて制作した新作も公開します。

出品作家紹介


間島秀徳(まじまひでのり)
間島秀徳(まじまひでのり)
1960年、茨城県取手市生まれ。1986年東京芸術大学大学院美術研究科修士課程修了。2000年、文化庁在外研修員としてフィラデルフィア(ペンシルバニア大学)、ニューヨークに滞在(-'01)。Kinesis(変容・変化・変成)をテーマに、水の流動と躍動を枠にとらわれない手法で表現し、現代日本画の旗手として活躍。2021年より武蔵野美術大学教授。
松山賢(まつやまけん)
松山賢(まつやまけん)
1968年、岩手県御所野遺跡のそばで生まれ、岩手県湯舟沢遺跡の横で育つ。京都市立芸術大学大学院修了。日本画制作を経て、土器、人形、彫刻をつくりはじめる。横浜市三殿台遺跡の近くに在住し、近年は油彩画、野焼きによる陶彫を制作、発表している。2019年、農と縄文の体験実習館なじょもん(新潟県津南町)で個展「土器怪人土偶怪獣」を開催。縄文土器や土偶をモチーフとした作品を多数制作する。
薬王寺太一(やくおうじたいち) 
薬王寺太一(やくおうじたいち)
1975年、東京生まれ。南仏ヴァロリスの博物館で出会った、メソアメリカの土器や土偶に衝撃を受けて以来、よりプリミティブな表現・創造・生き方に傾倒。「アーティスト村(HIRAKU)」(横須賀市田浦町)にて穴窯築窯、間伐材を燃料とした野焼きによる土創作による作品制作を中心に個展・グループ展やワークショップによる教育普及活動も積極的に行っている。

出品作品(一部)


間島秀徳《Kinesis No. 650 (seamount)
間島秀徳《Kinesis No. 650 (seamount) 220.0×600.0cm 2016年 作家蔵

松山賢《土器怪獣イノシシン・オオカミン》
松山賢《土器怪獣イノシシン・オオカミン》 19.0-53.0cm 2020年 作家蔵

薬王寺太一《天地万象 Tenchi bansyo》
薬王寺太一《天地万象 Tenchi bansyo》テラコッタ(多治見)・赤1号江の浦赤沢原土・シャモット/野焼き900°
 創作地:横浜/焼成:小田原 2012年 作家蔵


関連イベント

・映画「縄文にハマる人々」
映画上映後に本映画の監督、山岡信貴氏による映画解説・質問・作家トーク
日時 2月20日(日)13:00、開演13:30、監督トーク15:20~16:00
会場 横浜市歴史博物館 講堂
参加費 1,200円
定員 92名(応募者多数の場合は抽選)
申込み締切 2月2日(水)

・出品作家による野焼き
出品作家(松山賢・薬王寺太一)の新作を、縄文時代の土器焼き法と考えられている野焼きで焼成します
日時 2月26日(土)9:00~16:00(本格的な焼成は13:00頃からを予定)
会場 大塚・歳勝土遺跡公園
参加費 無料
申込み 事前申し込み不要、開催中ご自由にご見学ください

・ギャラリートーク
担当学芸員による展覧会の見どころを解説します
日時 1月30日(日)、2月5日(土)、2月12日(土)、2月19日(土)、2月27日(日)
   各回14:00から(40分程度)
会場 横浜市歴史博物館 企画展示室
参加費 無料(企画展入場券が必要)

・展覧会出品作家による公開制作
展覧会会期中に博物館エントランスにて出品作家の公開制作を行います
※作家の在館日は不定期となりますのでご了承ください。博物館公式Twitterまたはホームページにてお知らせします

・ナイトミュージアム+ミュージック“夜の音楽博物館”
企画展・音楽・博物館の空間コラボコンサート、いつもと違った博物館の夜をお楽しみください!
日時 2月26日(土)開場17:00、開演17:30
※詳細は博物館公式Twitterまたはホームページにてお知らせします

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、内容などを変更する場合があります

*イベントの詳細、お申込等は横浜市歴史博物館ホームページをご覧ください。イベントの取材につきましては担当へお問い合わせください。


日時指定オンラインチケットのご案内

ご来館の際に、お待ちいただくことなく安心してご観覧いただけるよう、オンラインチケットの事前購入をおすすめしています。(招待券・割引チケットをご利用される方は、日時指定予約が可能です。)
https://www.rekihaku.city.yokohama.jp/news/onlineticket1/

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース