フォトフラッシュ

西谷浄水場 場内の歴史的建造物(6棟)の概要

横浜市は1915(大正4)年創設の西谷浄水場(横浜市保土ケ谷区川島)で、創設された当時から場内に残る歴史的建造物6棟の、曳家(ひきや)工事による移設を開始した。6棟は、レンガ造建屋の歴史的価値や浄水場らしいのびやかな景観等が評価され、1997(平成9)年に国の有形文化財に登録。西谷浄水場は耐震化や処理能力増強を目的とした再整備を経て新たに生まれ変わるが、市は場内の歴史的建造物を貴重な文化遺産として捉え、影響のない場所に移設し、後世に引き継いでいくための工事を進めている。

  • 0

  •  

横浜市は1915(大正4)年創設の西谷浄水場(横浜市保土ケ谷区川島)で、創設された当時から場内に残る歴史的建造物6棟の、曳家(ひきや)工事による移設を開始した。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース