フォトフラッシュ

国際園芸博覧会の会場は貴重な自然資本が残る旧上瀬谷通信施設

会場は横浜市の郊外部(旭区・瀬谷区)に位置する旧上瀬谷通信施設で、2015年に米軍から返還された約242ヘクタールの広大な土地で、そのうち約100ヘクタールが博覧会区域となる。長年にわたり土地利用が制限されてきたことから、農地や緩やかな起伏の草地など豊かな自然環境が広がり、南北に流れる相沢川、和泉川の源流部、谷戸地形などの貴重な自然資本が残っている。(画像提供:一般社団法人2027年国際園芸博覧会協会)

  • 0

  •  

2027年国際園芸博覧会協会(横浜市中区本町4)は、瀬谷・旭区の米軍上瀬谷通信施設跡地で開催予定の「2027年国際園芸博覧会」の基本計画案を公表し、博覧会の成功に向けたアイデア・意見募集を行っている。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース