新型コロナ関連速報:市内76人/県内193人

フォトフラッシュ

「相鉄・JR直通線」の列車走行位置を表示 相鉄とJR東日本それぞれのアプリで表示

相鉄グループの相模鉄道と東日本旅客鉄道は3月17日、スマートフォン向けアプリ「相鉄線アプリ」と「JR東日本アプリ」を改訂し、列車走行位置の表示範囲をそれぞれ拡大し、双方の自社路線だけでなく乗り入れ先の列車の走行位置の表示ができるようになった。また、「JR東日本アプリ」が実証実験として提供している「リアルタイム経路検索」に相模鉄道が連携することで、遅れなどの運行情報を加味した検索が可能となった。列車走行位置は、列車が走行している位置をリアルタイムで確認できるサービスで、列車の種別、遅延時間を確認できる。アプリを使うことで、駅に行く前に、乗車予定列車の現在位置や遅れの情報を確認できる。相鉄線アプリは、列車がどこにいるかリアルタイムで確認できる「列車走行位置」等に対応した、鉄道利用者向けアプリ。相鉄線全26駅の改札口の混雑状況がわかる「Station View」(ステーションビュー)機能に対応しており、駅の改札口付近に設置しているデジタルサイネージの運行情報と同じ内容も確認できる。

  • 92

  •  

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース