フォトフラッシュ

客船「飛鳥II」で新型コロナウイルス感染症の対応訓練

郵船クルーズ(横浜市西区)は10月21日、日本海事協会、横浜市、神戸市、日本郵船と共同で同社が運航する日本船籍最大のクルーズ客船「飛鳥II」(50,444トン)で、新型コロナウイルス感染症対応訓練を実施した。訓練は「横浜・神戸トライアルクルーズ」(10月19日発2泊3日、乗客約150人)中の乗船客に体調不良者が発生し、船上での検査の結果、陽性と判明した事を想定し行った。「飛鳥II」からの感染者発生の第一報と同時に、本社内に対策本部を立ち上げ、乗船客の安全を最優先に下船港である横浜港と連携し対応にあたった。船内では、感染者と濃厚接触の疑いがある方の隔離や、各施設の消毒によるグリーンゾーンの確立、イエローゾーンの設置、隔離エリアの陰圧化に加え、客室待機中の乗船客へ昼食を弁当形式で届けるオペレーションも実施した。

  • 126

  •  

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?