フォトフラッシュ

日本初、大型バスの遠隔監視・操作による自動運転を営業運行で実施 相鉄バスなど

相鉄バス(横浜市西区北幸)と群馬大学、日本モビリティは、遠隔監視・操作による自動運転の実証実験を行う。大型バスの遠隔監視・操作による自動運転の実証実験を営業運行で実施する。花と緑の文化を発信する「秋の里山ガーデンフェスタ」の開催期間中の10月5日と14日に実施。よこはま動物園正門と里山ガーデン正面入口間(約900メートル)を、14時台と15時台にそれぞれ2往復を予定。旭営業所内に「遠隔監視・操作システム」を設置し、そのシステムによる走行と停止を行う。営業運行での遠隔監視・操作による自動運転は日本で初めて。また、10月6日・7日と12日~14日には、昨年の秋に続いて2回目となる運転席に運転士を配置した自動運転バスを営業運行する。

  • 158

  •  

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?